メモをとる習慣は仕事以外にも日常生活にも役に立つもの!

どうも!HIRAMA (@hiramarilyouiti)です!

当ブログの中で人気記事のひとつ「仕事でメモを取る?取らない?みんなはどっち?」という記事があるのだが、内容としてはタイトル通りではあるが、仕事でメモを取る?取らない?ということを語っている

僕は仕事でメモをひたすら取りながら仕事をしている。メモを取らない日なんてないぐらいだ

仕事でメモを取ることから普段の日常生活も「何かあればメモをする」ということが習慣化している

今回は「メモを取る」ということが日常生活でも役に立つことをお伝えしたい

 

 

日常生活のメモ

仕事のメモで言うと会議の日程や電話対応の内容をメモしたりと、ほとんどの仕事でメモは活躍しているだろう

日常生活でメモと言われても取る人はほとんどいないだろうと思うが、以外にも後で自分で思い出せず困るパターンが多いのではないだろうか?

例えば、僕の日常生活でメモを活用するパターンは大まかに以下のとおり▼

 

食材メモ

嫁さんとよく食材を購入しに2人でスーパーに行くのだが、冷蔵庫の中身をよく思い出せない

なので前もって冷蔵庫の中をチェックして必要な食材・調味料など必要なものをリストアップする

 

やることリスト

これは仕事のメモでもあるのだが「やりたいこと」や「やらないといけない」をメモで書き出す

普段、仕事をしていると「次の休みは○○○しよ〜」と頭の中ではわかっているのだが、いざ休みになると「あれっ?休みに何かしようと思ってたけど忘れちゃった」ってことになる

そうすると休みの日に本当にやりたいことが出来なく無駄に時間を過ごしてしまう

 

伝えるためのメモ

今はスマートフォンという便利なものがあるのでLINEを使って連絡を取り合うことが多いと思うが、我が家は夫婦で働きに出ているのでLINEといってもすぐに確認することが出来ないことがしばしばある

「大した用事ではないけど伝えないとダメなこと」はメモに書き残してテーブルに置いておくことがある

例えば「ペットたちに餌はあげてます」といった具合にだ

 

 

時間の無駄を無くすことができる

日常生活といえど1日24時間しかないので濃厚な時間を過ごしたいと思っている方がほとんどではないでしょうか?

メモを取ることによって「やること」「買わなきゃいけないもの」等、前もって事前情報をメモという形に残すことによって時間をスムーズに使うことができますよ

 

 

気持ちの余裕もできる

メモを取ることによって気持ちの余裕もできます

何をしなければならないのか?というのを全てメモに取っているので先々の自分が行わなければならないことをメモで確認することができます

やろうとしたことを突然、忘れちゃったりしたら思い出すまで気持ちがモヤモヤしませんか?

それがメモをとることによって解消します

 

 

メモは汚くなってかまわない!

特に僕なんかそうなんですが、パソコンやスマホばっかり使っているせいか字が非常に汚いです

「こっ・・・これが大人の字なのか!?」

ってツッコミを入れたくなるぐらいの字の汚さに自信があります

そんな僕でもメモは取るんです。(汚い字ですが・・・)

要は自分が読めればいいんです。自分でメモを見直して理解できればOKなんです

なので、ここでは「メモは汚くたってOK」ということをお伝えします

もちろん、キレイなメモに越したことはないですが頭にパッと思いついた内容はすぐにメモに記録することをオススメします

キレイにメモを取っているうちにメモしたい内容を忘れちゃいますよ

 

 

まとめ

たかがメモされどメモですが、メモひとつ取る習慣をつけるだけで仕事はもちろん日常生活も変わりますよ

時間の有効活用から忘れ物だって無くなって有意義に日々を過ごすことができます!

たったひとつのメモで日々の生活が改善するので、今回の記事がぜひ皆様のご参考になれば幸いです

SPONSORED LINK