仕事のリーダーってどんな人が我々の理想なのだろう?

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

日々、我々が仕事をしていく中で必ずといると言っていいのがリーダー格の人。

仕事によってはそのポジションに名称が付いている。

店長だったり、チーフだったり。それこそリーダーだったりとその上がマネージャーや部長とスタッフや社員、アルバイトをまとめる位置に属する人は何かしらの名称があるはずだ。

本日は仕事のリーダーってどんな人が理想なのか?を個人的に考えてみようと思う。

スポンサーリンク

仕事のリーダーはみんなのまとめ役!

当然のことかもしれないが、リーダーは我々のまとめ役!

仕事をうまく円滑にすすめるために我々に指示を出したり、仕事の修正をしてくれたり、方向性を定めてくれるような存在だ。

色々な意見がスタッフの中で飛び交っても最終的にはしっかりまとめてくれる。

「報・連・相」がしっかりできるような人!

いかに仕事のリーダーと言えども、仕事を成功させる為にはリーダーだけの力だけでは成し得ることが出来ない。

かと言ってリーダーが一人だけ仕事を突っ走って行なっても成功は見えないだろう。

そういうときは例えリーダーだとしてもスタッフ達としっかり「報・連・相」を当たり前の環境としてみんなで仕事の良い成果を得よう。

我々が付いていきたいと思う人物を目指そう!

僕も昔は居酒屋でアルバイトしたりとトラックに乗ってみたりと色々な職種を経験したことがあるが、そういう人生の経験の中で「仕事のやり方に憧れた人」がいたのだ。

僕の仕事スタイルはまさに当時のその憧れた人のマネと言ってもいい。その人の仕事に対してのやり方はたしかに「この人ならついていっていい」と思えるものだった。

自分だったらこんなリーダーや店長についていく!なんてことを考えながら仕事を行えばもしかしたら自然と「付いていきたい!」思われるようなリーダーや店長になっているのではないだろうか?

間違いを起こしたらしっかり謝れるような人

例え仕事のリーダーや店長をやっていても人なのだからミスをすることもあるだろう。

そんなときにはリーダーだから店長だからと威張らないでしっかり迷惑をかけたスタッフ、関係各所にしっかり謝れるような人はカッコイイと思う。

HIRAMAのひとりごと!

サラッと僕が思う理想リーダーを勝手に書いてみたが、実際には自分の理想にあう上司やリーダーには基本的に会うことなどほぼ不可能だ。

ただもし自分がその立場になったのであれば当時の上司やリーダーをマネするのではなく、自分がカッコイイと思う上司、リーダーを目指せばいいと思う。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう