「HHKB Professional BT」がすごく魅力的に感じる件〜必須ではないが使ってみたい〜

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

7月に入ってからというものあるものに対しての物欲が強くなってきている

それが「HHKB Professional BT」

単に高級ワイヤレスキーボードなのだが、デザインや快適な打鍵を楽しむことができるようでとても人気があるキーボードのようだ

キーボードの存在は僕がよくお邪魔させて頂いているブログ「トバログ」のレビューを見てからすごく気になっている

スポンサーリンク

HHKB Professional BT

特徴的なのは深いキーストローク、静電容量無接点方式によって腕に負担がかかりにくいということだ

毎日、Macと向き合ってタイピングをしている僕にとって腕に負担がかかりにくい!というところがかなり気になっている

加えてBluetooth接続なのでMacはもちろん、iPhoneやiPadにも接続して使用することができる。そして何より、このデザイン!

昔のパソコンは全部こんな感じだった気がする

このキーボードでタイピングしていたらなんだかカッコイイ気がしてならない!

厚みはそこそこある

キーボード自体の厚みはそこそこある感じだ

キーストロークが深いので当然と言えば当然。持ち運びには少し苦労しそうだが、15インチのキーボードとはまた違ったタイピングを楽しませてくれそうだ

日本語配列があるのが嬉しい

個人的な話にはなるのだが、「HHKB Professional BT」には日本語配列版がしっかり販売されている

僕は英語配列キーボード、MacでいうUSキーボードがどうしても好きになれない・・・

Enterは大きい方がいいと思っている

なので日本語配列版が販売されている「HHKB Professional BT」は僕にとってはかなりポイントが高い!

問題は価格だ

「HHKB Professional BT」は今のところ僕の欲しい物リスト第一位となっているのだが、まだ購入までには至ってはいない・・・

理由がある

それなり高価な商品だということだ。27,500円(税抜)もするのだ。僕の中ではキーボードで、この金額を出すのはかなり高額な気がしてならない

かといって試さないでいきなり購入する勇気もないので家電量販店等に足を運び、デモ機でもあれば試打ちをしてみようと思ったのだが・・・店舗に置いていないのだ

大型家電量販店を何店舗か回ってみたが、取扱がなく、試すことができない

実際に購入して失敗したときのことを考えると手が出せない・・・現状はそんな状態だ

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B
PFU (2016-04-12)
売り上げランキング: 3,947

HIRAMAのひとりごと!

デモ機でも触ってよければ速攻、購入するぐらい気になっているキーボード

特に毎日使うものなのでしっかり商品を見極めて購入に至りたいのだが、Apple製品を衝動買いするぐらいの勇気がわかない・・・

多分、Apple製品だと失敗して売れる!という気持ちがどこかにあるからだろう

ただ今回はキーボードだ、キーボードの市場がいまいちわかってないのでなおさら手が出しにくい・・・しばらく悩む日が続きそうだ

‹via トバログ

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう