「HHKB Professional BT」のタイピング音が非常に心地よい!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

ほぼ毎日更新をしている当ブログ。当時をブログを始めた頃に比べると執筆環境も非常によくなり自分では環境がかなり良くなったと思っている

僕がブログを執筆するガジェットとして15インチ MacBook Proがある。外出先で15インチのキーボードでブログを書くか、自宅のこだわった環境。HHKB Professional BT(以下 HHKB)でブログを書くという2パターンがある

ここで最近、改めて実感したのだがHHKBの打鍵感だったりタイピング音が非常に心地よく感じたので語っていきたい

 

打鍵感やタイピング音が違うと作業効率も変わる

仕事でも一緒だが、環境の違いで仕事もブログも進み違いや作業効率が非常に変わってくる

僕の場合はキーボードやマウスといった自分が使うデバイスでテンションも作業効率でさえ変わってくるのだ

15インチ MacBook Pro キーボード

2016年からの相棒。15インチ MacBook Pro。外出先や職場では15インチはそのまま持っていて使うことが多い

タイピング作業が多いと思われる日はHHKBを別途持っていくことはあるが、基本的には15インチのみだ。MacBook Pro(2016)のキーボードは打鍵感はあまり感じることが出来ないが、タイピングはしやすい

キーの隙間からホコリやゴミが入ると故障もしやすいのでキーボードカバーを装着している

キーボードカバーを装着することによりホコリやゴミから15インチを守っているのだが、タイピング音が少し変になるのでテンションもそんなに上がらない

 

HHKB

自宅ではHHKBが待機している。自宅では15インチを外部ディスプレイに接続して使用するので外部キーボードは必須だ

数多くあるキーボードの中からHHKBがベストと判断し、当時購入した

最初は慣れが必要となるが1度使ってみるとそのタイピングのしやすさに虜となる。15インチのキーボードと比べても僕はやはりHHKBの方が好きかな〜

個人的な感覚なので他の人がどうなのかはわからないが、15インチのキーボードで作業しているよりはHHKBで作業をしている方が、タイピングスピードも比較的早くなり作業スピードがあがっている

HHKBでタイピングするときのタイピング音も自分自身で「作業しているんだな〜」とテンションをあげる要因にもなっているのだ

 

されどキーボード、たかがキーボード。タイピングするキーボードが違うだけで作業効率に変化があるのは間違いないだろう

 

HHKBを使用時はヘッドホン禁止!

HHKBを使用時にヘッドホンで音楽を聞いてしまうとHHKBの打鍵感しか味わえない。これではHHKBのタイピング音を聞くことが出来ないのだ

自宅ではヘッドホンして作業をする場面(嫁さんが近くでテレビゲームをするから)があったので自分でも気づけなかったが、打鍵感+タイピング音で僕のテンションがあがり作業効率に繋がっているので、よほどのことが無い限りはHHKBを利用するときはヘッドホンを禁止にしている

ただ何もBGMが無いのは寂しいのでHHKBのタイピング音がちゃんと聞こえるぐらいの音量でBGMを流している

 

まーちょっと打鍵感やタイピング音といった普通の人があまり気にならないようなことで好き勝手、記事にしたが最後にひとこと言っておきたい!

キーボードに対してどうこう言っているが決して変態ではありません!!普通のサラリーマンであることを!

 

Sponsored Links

カテゴリー