仕事が遅いのは片付けしながら仕事をすることが出来ないから

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

日々仕事をしていると「効率よく仕事したい!」「仕事を終わらせて早く帰りたい」「もっと楽に仕事をする方法はないんだろうか?」といろいろと悩みがあると思う

どの悩みにも、ほぼ共通して言えることが仕事が早く終われば解決する問題ばかりなのだ

まー取引先のせいで仕事が遅くなるとかあるので全部全部ではないが、自分の仕事くらいはパッパッっと終わらせたいところ

仕事が遅い原因としてあるのが、要領もあるが第一に片付けが出来ないことがある

本日は片付けしながら仕事をすると効率化にもつながる話を語っていく

 

そもそも職場が汚いとこで働きたくないですよね?

皆さんの職場はどうでしょうか?

キレイに片付けがされていますか?欲しい文房具があればわかる定位置もあるでしょうか?

そもそも出社して汚いオフィスってだけで仕事のやる気が削がれ、何がどこにあるのかわからない状態で仕事をすると必要な書類やデータを探すのに余計な時間を食ってしまいます

それだけ早く仕事を終わらせることなんて不可能に近いです

自分の職場、せめて自分のデスクくらいはキレイに使いたいものですよね〜

1つの作業が終わったら1度片付けをする

人によっては、すごく当たり前のことなのかもしれませんが、これが出来る人は僕の人生の中でも2人ぐらいしか知りません

ほとんどの方が1つ作業を始め、作業を終えると使ったモノはそのままだったり出しっぱなで次の作業にうつっています

早く仕事をしよう!という気持ちはあるのでしょうが、これでは周りの人や自分にも悪影響です

作業した状態をそのままにしていると、「その作業は本当に終わってるの?」「まだ何かするの?」と周りの仕事すら止まってしまいます

自分の作業もそうです。どんどんやりっぱなしの作業を続けていくとどんどん作業するスペースが無くなっていき作業効率が落ちてしまいます

 

それなら1つの作業を終えたら1度片付けをするといいでしょう

1つの作業を終えることで片付けやリセットをすることによって周りの人間にも「その仕事は終わってるんだな〜」ってことをわかってもらえたり、自分の作業スペースも狭くなることはありません!

 

片付けをすることで気持ちもリセットされる

1つの作業を行って片付けをすることによって気持ちもリセットされ、次の作業に集中することができます

これはどんな職種でも一緒です

続けて作業を行うより明らかに効率が変わっていきますよ

凄まじく忙しいのであれば自分の中で「ここまでしたら1度片付けをしよう」と決めてメリハリを決めるのも有効的です

 

居酒屋で学んだ知識

20歳ぐらいのときでしょうか

僕はある居酒屋でアルバイトで勤務をしておりました。チェーン店の居酒屋なので毎日毎日賑わっておりました

僕が担当していた業務はドリンクを作る仕事です。80席以上ある店舗のドリンクをひとり作るのです

忙しいときは6時間で1,000杯以上作る日もありました。しかも別にドリンクを作る場所は広くはないのです。しかもグラスを洗いながらなので凄まじく忙しいのです

そこで学んだのが1度作業をしたら1度片付けるというものです

当初はその作業方法を知らなかったのでお客様へのドリンクの提供が遅れ、時にはクレームになることもありました

しかし、1度作業をしたら1度片付ける手法を身につけると6時間で1,000杯以上作ることだって出来ちゃうんです!

計算すると1分に2〜3杯ひたすら作り続ける作業です。しかも洗い物をしながら、今思えば若かったな〜と思います

 

年齢を重ねると「自分は特別だから大丈夫」という謎のルールができる

年齢を重ねていくと、どんなに忙しくても「自分は今、この作業をしているから」と謎の自分は特別なので急がなくてもいいようなルールが出来てきます

僕も30代になり20代と比べるとそんな気持ちが少しづつ出てきているように思えます

しかも変なプライドや仕事のやり方なんかもあるので若いうちに1度作業したら1度片付ける手法を身につけるしかないでしょう

ちなみに今の会社に入社して約4年ほどいますが、そんなに効率のいい働き方をしている人にあったことはありません

自分自身でも気づかないんでしょうね〜

 

仕事を1秒でも終わらせたいのであればお試しあれ!

仕事が1分でも10分でも30分でも早く終わればそれだけ自分の時間を作る事ができます

時間に余裕があれば心の余裕にもつながるのです

ひとつひとつの仕事を少しでも早く終わらせたいのであればぜひ試してみてくださいね!

Sponsored Links