突然始まった在宅勤務。問題なく業務ができるのか

以前に新型コロナウイルスの影響で「新型コロナウイルスによる会社が行った感染対策」という記事を書いた。いつも違う通勤時間を設定することにより感染防止につとめるという方法だ

これが最近になってまた内容が変化した。理由は本社のある東京がコロナウイルスにより凄まじい感染者が増えているためである。その影響をモロに受けて、ぼくだけの在宅勤務が始まった

在宅勤務が始まったといっても、ぼくがいる場所は札幌なので試験的に導入といった形

今まで勤めてきた会社で”在宅勤務”をしたことはなかったので初めての在宅勤務経験として感想なんかを語っていきたい

新型コロナウイルスによる会社が行った感染対策

早朝出勤をすることによるメリット

 

“在宅勤務”とは?

“在宅勤務”とはいったいどういうものを言うのだろうか

文字通りではあるが、日々行っている業務をオフィスではなく自宅で業務を行うことである。

ぼくの場合、Webサイト管理、ネット広告管理、LP作成、ECサイト作成など、どれもパソコンがあればできる業務を会社のオフィスではなく、自宅で作業を行うということ

メリットやデメリットがあるものの、結果として業務的に全く問題がなく、ぼくは“在宅勤務を続けたい”と感じました

 

在宅勤務をやって感じた”メリット”

試験的導入の在宅勤務だったので、まずは2日間という短い期間で在宅勤務をおこなった。たった2日間という短い期間でも在宅勤務の素晴らしさを感じた。それが下記のとおりだ

・通勤しなくていい
・自分だけの空間で作業
・話かけられないので集中できる
・外線にでる必要がない
・弁当を作る必要がない

それではひとつずつみていこう

通勤しなくていい

そう。在宅勤務は”自宅で勤務”をするので通勤をする必要がないのだ。毎日、地下鉄や自転車通勤を行っていたが在宅勤務なら「朝起きたらそこがすでに職場」なのだ

逆に勤務が終了すれば、あとは自由時間となる

自分だけの空間で作業

え〜ぼくにとってこれは非常に大きいメリット。職場の作業環境より、自宅の作業環境の方が充実している(外部ディスプレイや周辺機器が)ネット回線も自宅の方が遥かに早いので、自宅で作業を行えた方が効率的

話かけられないので集中できる

オフィスにいると、何でもない雑談によく巻き込まれる。それがダメだとは思わないが、集中力が途切れてしまう

中には突然の仕事の依頼をしてきたりとあるが、自宅なら”話かけられない”ので業務に集中することができる

外線にでる必要がない

オフィスにいると、自分に関係のない外線にも出る必要がある。(ぼく宛に来る電話は仕事上皆無)一応、事務の方がいるにはいるが対応しきれないときはサポートする

それが在宅勤務では一切ない!

弁当を作る必要がない

これはどちらかというと、妻がよろこんでいた。在宅勤務だと弁当をもっていく必要がない。だって自宅であるものを食べればいいんだから!

自宅にあるものでいいなら弁当より圧倒的にコストを下げることができる。好きな食べ物を食べることもできるしね〜食事に関してはメリットが多い

 

在宅勤務の”デメリット”

「在宅勤務で仕事をしている」と言うと、なぜか「羨ましい」と言われるが、実際に羨ましいがられることは何一つやっていない。在宅勤務には在宅勤務のデメリットもある

・当たり前だけど”サボれ”ません
・ひとりで仕事をするということ
・ペットが邪魔してくる
・運動不足になる

ではそれぞれみていこう!

当たり前だけど”サボれ”ません

「在宅勤務している」と言うと、「それってサボりまくれるじゃん」と言われるが実際サボってるヒマは全くない。(業務内容によると思う)

ぼくの場合、社内のWeb、広告関係をすべてひとりで行っているので、サボるとえらいことになるのですぐにバレてしまう

ひとりで仕事をするということ

良くも悪くも在宅勤務は”ひとりで仕事をする”ということ。ある意味、会社にいるより仕事内容をよく見られるようになる

普段から人に助けてもらいながら仕事を勧めている人にとっては苦痛だろう

ペットが邪魔してくる

我が家だけのデメリット。我が家にはペットが2匹いるので、ぼくがデスクで作業をしていると、すげー邪魔してくる

え〜デスクの上を陣取ることなんて当たり前です。今もぼくのマウス横にチワワのお尻がスタンバってます

運動不足になる

在宅勤務が長期化してくると運動不足になります。通勤も捉え方を変えれば”運動”なので、在宅勤務だとそれがありません

意識的に自分から運動しないと、全く外出のしない人種になるので注意が必要ですよ!

 

最終的には在宅勤務は続けたい!

2日間在宅勤務をしてきたが、デメリットは多少あるものの全く問題なく、業務を行うことができた

ぼくにとっては、メリットの方が大きいということだ。可能であれば在宅勤務は続けていきたいところだ(会社が決めることなので、なんとも言えないが)

新型コロナウイルスのせいで、通勤時間や在宅勤務と日頃と違うビジネススタイルだが、在宅勤務に関してはコロナウイルスが落ち着いたあとも継続してほしい

 

Sponsored Links

カテゴリー