会議のプレゼンはなぜ眠くなるのか!?〜眠くなる5つの理由〜

日々、サラリーマンとして社会の歯車の一部。HIRAMA (@hiramarilyouiti)です!!

会議自体を楽しいと思っているサラリーマンは恐らくいないでしょう(そんな人がいるなら会ってみたい)

ダラダラ話し合いをしている会議の中でキツイのがプロジェクターで資料やプレゼンをされているとき。プロジェクターを使うので部屋はいい感じに暗くなっており眠気をさそってきます

じゃー何で眠くなるのか??好き勝手にいろいろと語っていきたい

 

 

①部長とかの上長陣が同じことをひたすら言っている

最初は部長からの業務のお話があり「ふむふむ」と頷きながら話をきく、その後エリアマネージャーから、その後は各リーダーからと業務のお話をするのですが・・・

言い方は違えど、みんな同じこと言っているんですよね〜

これがすごく不思議(僕が勤めている会社だけかもしれないが)

利益や数字の話をするのですが、同じような表を見せられて同じような話をするのです

これはさすがに聞いている方も集中力が切れてきますし、飽きてきて眠くもなってしまいます

 

 

②プロジェクターに投影される資料がみんな一緒

各自、会議の為にプロジェクターに投影するための資料を作成し、それを利用してプレゼンを行うのですが、ビックリするぐらいプロジェクターに投影される資料が一緒なのです

「資料が一緒」というと多少語弊がありますが、グラフの使い方。数字の出し方等、面白みが皆無です

せっかく個別で資料作成しているのだから個性をもっと出した資料にすればいいのに・・・と個人的には思っております

 

 

③ただただ会議・プレゼン時間が長い

皆さんの会社で行う会議・プレゼンの時間ってどのくらいですか?

1時間?3時間??1日中???

当然、業種等によって会議やプレゼンに使う時間はかわってくるでしょう。ちなみに僕が勤めている会社は余裕で朝から夜まで会議です。1日中、会議室の椅子に座って話を聞いているのです

先程も述べた通り、わりと同じことを話すので会議の日は同じ話題が最低でも3回はあります

後半にかけては既に集中力が無いので頭に入ってきません

 

 

④最終的なプレゼン内容の結論がわかりづらい

プレゼン資料をたんたんとプロジェクターに投影して長い話を黙って聞いていると思うのだが、「最終的にこの人はどうしたいんだ?」って思うことがある

なんというか・・・ある目標に対しての数字の追い方を発表をするのは、とても素晴らしい

ただ最終的にいったい目標に対して達成ができるのか出来ないのか?結論がわかりづらいのだ

 

 

⑤意見・質問が全くと言っていいほどでない

ひとつのプレゼンが終わる頃になると、発表者が質問や意見が無いか聞いてくるのだが、これが全くと言っていいほどない

参加している上司から内容があってないような質問がちょっとある程度だ

 

 

まとめ

どの項目もプレゼン中に眠くなってくることは間違いないだろう

ではどうすればいいのか?

プレゼンないし会議もだが、重要な要点をまとめて誰もが理解でき、尚且つ会社の目標を達成できるような誰もが「会議に来てよかったー」と思える会議・プレゼンにするべきだろう

ただ言うのはカンタンだが、実現するのが1番難しい

どうだろうか?あなたの会社の会議・プレゼンはちゃんと会社や自分の為になるものになっているだろうか?

SPONSORED LINK