35,200円のキーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S」を購入しました

連載シリーズ「真のキーボードとは」を終え、悩みに悩んだすえステンレスショッピングで購入することができた「HHKB Professional HYBRID Type-S」

もともと前のモデルHHKB BTを愛用していたので、その新型となればテンションも自然とあがる

HHKB BTを初めて使ったときは”使いづらいな〜”なんて思っていたが、慣れてしまうと他のキーボードでタイピングするのが億劫になるぐらい素晴らしいキーボードだ

35,200円の高級キーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S」をレビューする

 

HHKB Professional HYBRID Type-S

購入したのは「HHKB Professional HYBRID Type-S(日本語配列/墨)」だ

本当は「無刻印/墨」のほうがカッコいいと思うのだが、残念ながら日本語配列に「無刻印」のラインナップない

たかがキーボード、されどキーボード、頻繁に購入するモノじゃないだけにテンションも自然とあがってくる

 

ん〜

やはり素晴らしいの一言だ

完全にHHKBシリーズに魅了されてからは、キーボードの配列すら美しく感じる

前のモデルとほとんどデザインが変わらないが、”新品”なのでキーのひとつひとつが輝いて見える

キー配列は前のモデルHHKB BTと一緒なのもまた嬉しいポイントだ。新しく買い替えても普段どおりにタイピングをすることができる

 

キーボードの傾きを3段階調節できるチルト切る変えも健在。ぼくは最大に傾けて使用している

絶妙な傾きにもなるので、尊師スタイル時、クラムシェルモード時に自分の好きな傾きにすることができるのだ

長時間タイピングする人間にとってはコレは無くてならない機能だろう

 

乾電池駆動

「35,200円のキーボードなのに乾電池式なの?プップップー」なんて同僚に笑われた経験があるが、そんなことは気にしなくていい

バッテリー内蔵だと劣化してダメになるので、長く使えるようにあえて乾電池駆動となっている

「乾電池だとすぐに使えなくなるんじゃない?」と言われることもあるが、毎日のように使っているぼくでも1ヶ月半ぐらい(多分)は全然持つので「電池が切れた〜〜〜」と大騒ぎすることはまったくない

 

「Type-C」に対応

前のモデルと変わったとこのひとつ。有線接続に対応した「Type-C」の存在だ

「HHKB Professional HYBRID Type-S」はBluetooth接続以外にも有線接続ができるのだ

仮に乾電池がなくなっても”有線接続”ができるので安心して作業をすることができる

 

4台登録できるペアリング

画像転載元:https://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/
画像転載元:https://www.pfu.fujitsu.com/direct/hhkb/

「HHKB Professional HYBRID Type-S」を購入するきっかけになった4台まで登録できるペアリング機能だ

MacやWindowsといった好きなデバイスをあらかじめ登録し、「Fn」+「Control」+「1〜4の数字」を押せばすぐに切り替えることができる

ぼくは職場でMacとWindowsを両方を使うので、この機能はかなり重宝している

 

打鍵音が恐ろしく静か

とくに前のHHKB BTを使っていたユーザーは驚くに違いない

打鍵音がすげー静かになっている。あの独特の「カチャカチャ」が全然聞こえない

職場で調子こいてHHKB BTで高速タイピングなんてやった日には、上司から「うるせぇ〜〜」と怒られたことがあったが、これだけ静かなら安心して思いっきりタイピングをすることができる

打鍵音としては「コスコス」って感じ、HHKB BTの「カチャカチャ」に慣れていると物足りなさは正直あるかもしれない

 

単純なパワーアップがうれしい

まだ数日しか使っていなが、「HHKB Professional HYBRID Type-S」を購入して本当によかったと思っている

よくガジェットの最新機種になるとデザインがかわって使い勝手も変更になり、こちらが慣れなきゃいけない!なんてことがあるが、「HHKB Professional HYBRID Type-S」はそんなことはない

今までのHHKB BTの良さをそのままに単純なパワーアップなのだ

Bluetooth接続が1台しか出来なかったとこが4台できるようになったり、給電しか出来なかったのが有線接続できるようになったり

ちょっとしたパワーアップかもしれないが、このひとつひとつのパワーアップがユーザーにとって1番うれしい

35,200円という、たいへん高級なキーボードだが購入する価値は十分にありますよ

 

※2020年3月10日〜29日の期間限定で購入者先着3,000名にHHKBスマートケース2をプレゼントされるキャンペーンを行ってるようですよ

HHKBシリーズ 新年度応援キャンペーン

 

Sponsored Links

カテゴリー