HHKB を有線接続で使うことにしました。想像していた以上に快適です

HHKB を有線接続で使うことにしました。想像していた以上に快適です

購入してから毎日愛用している最高のキーボード『Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S(以下 HHKB)』

先日、HHKB 30分操作しないと電源が自動OFFになるのが非常にストレス!?快適に入力するための2つの解決策 でも紹介したが、HHKBは30分操作しないと電源が自動的にOFFになってしまう

当時はHHKBの省電力を無効にして使っていたものの、どうやら僕は有線接続のほうが合っていることがわかった

試してにHHKBを有線接続で使ってみると、それはもう快適だったのだ

本日は、HHKBを有線接続で使うことを決めた理由をツラツラと語っていきたい

ではいってみよう!

省電力OFFの利用も悪くないけど電池残量が気になる

省電力OFFの利用も悪くないけど電池残量が気になる

どうしてもデスクで見えているケーブルを減らしたいと思い省電力OFFでHHKBを使っていた

電源が自動OFFにもならないし遅延なく操作ができるので、最高ではあるんだけど、どうしても電池残量が気になってしまう

省電力OFFってことは常にHHKBが操作できる状態を維持されているということ。どうしても電池の消費が激しくなってしまうのだ

そしてある日のこと、省電力OFFで使っているとタイミング悪くHHKBの電池が切れてしまう

今までは、電源ONをしてからHHKBを使っていたので電池残量が残り少なければLEDランプで確認ができていた

ただ省電力OFFで使うとそれもしないので、まるで突然電池が切れたかのように(いや電池が切れたんだけどね)HHKBの操作ができなくなる

この経験からどうしても電池残量を気にするようになってしまったのだ

適当なケーブルで有線接続してHHKBを使ってみました

適当なケーブルで有線接続してHHKBを使ってみました

HHKBは使い続けたい

電源が自動OFFになるのも嫌だ

電池残量は気になって仕方ない

これらを解決する方法はもうひとつだけ

HHKBを有線接続して利用するしかない

とりあえず自宅にある適当なケーブルでHHKBを接続して使ってみましたが、これが快適そのもの!

もうなんで今までこのスタイルで作業をしなかったんだ・・・と自分を悔やむレベルです

  • 電池残量は気にしなくていい
  • 電源が自動OFFにならないからすぐに使える
  • ケーブルが思ってたよりも邪魔にならない

HHKBを有線接続するだけで、僕の悩みが完全に解決しました

カスタムケーブルを購入しようか検討中

カスタムケーブルを購入しようか検討中

HHKBを有線接続で使うぞ!と決めると欲しくなってくるのがカスタムケーブルだ。以前に、「SwiftCables Artisan Custom Cable」というかっこよ良いケーブルを購入したことがある

それを使ってもいいんだけど、少しゴツゴツするかなーと思いつつ。オーダーでカスタムケーブルを作ってくれるサイトを物色中。海外サイトだったり、注文方法がそもそもわかりづらかったりと苦戦しているが、悩んでいる時間が1番楽しかったりもする

だんだんカスタムケーブルじゃなくてもそれなりの普通のケーブルでもいいんじゃないか?という気持ちが芽生えているのはここだけのお話

▽低価格で良さそうなケーブルも見つけたのでこれでもいいかなと思っている

Bluetooth接続もいいけど自宅利用が多いなら有線接続も良し

HHKBをBluetooth接続で使ってきたけど、よくよく考えるとテレワークでの業務が中心だし、外で仕事をすることも多くない

そう考えるとBluetooth接続も悪くないが、利便理性だけで言うと有線接続のほうが幸せにHHKBを使えるんじゃないか?という結露になりました

しばらくHHKBを有線接続で使ってみます。もし何か問題点などがあれば記事にして共有していく

ただ想像していた以上に有線接続でのHHKB利用が快適すぎてこのまま永遠にこのスタイルで使ってそう

今後の課題としては、尊師スタイルのときにどうするのか?かな

L字ケーブルでも購入して対応するか

では本日はこのへんで

最後までお読み頂きありがとうございます

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links