連載シリーズ4「ヘッドホンの重要性〜思わぬ方向〜」

〜前回のあらすじ〜

嫁さんもタイミングがいいことにイヤホンを欲しがっていたので「これはチャンス!」と思い、僕が欲しいヘッドホンをプレゼンしてみると、これがあえなく敗退。思いっきりダメ!と言われたのだった

 

仲のいい職場のメンバーとのお食事

話は少し変わるが、僕は1月中旬あたりから2月中旬まで仙台へ出張へと行っていた。人事の関係か仙台へ出張前と出張後で一緒に働くメンバーが変更になったのだ

なので僕が仙台から帰ってきたときに出張前の同僚達と一緒にご飯を食べようと前々から約束をしていた

一緒働くメンバーといっても僕をいれて3人の小さいチームだ

出張後は皆バラバラの人事になり、離れて仕事をすることになったのだった

その日は3人集まって夜、食事をしようという予定だったのだが、3人中のひとりが当時仕事で、集まりは夜からとなった

ただ僕ともうひとりが休みということだったので先に集まってカフェで時間を潰すことになった

そのひとりというのが、当ブログで何回か登場している数少ない女性キャラ「鈴木さん」である

カフェでは「鈴木さん」の新しい職場の話や、同僚ならではのグチの話等で盛り上がったのだが、「鈴木さん」がある提案をしてきたのだ

 

鈴木さん「ヨドバシに行こう!」

 

僕「!?」

 

僕「なぜ?突然にヨドバシカメラ??」

 

鈴木さん「HIRAMAさんのバレンタインに何も渡してないからなんか買いにいこうよ!HIRAMAさんと言えばヨドバシカメラ!!」

 

僕「いや・・・いいよ。そんな・・・」

 

鈴木さん「いくんだよ!!」

 

僕「あっハイ・・・」

 

鈴木さんは僕が買物をすると言えばヨドバシのイメージが大変強いようだ。たしかに鈴木さんは僕がiPad Pro9.7インチを購入すればマネして購入したりと当初、初めて出会ったときより僕の影響のせいかガジェット関係に強くなっている

ただ鈴木さんは知っているのだうか?

僕が欲しい物はそれなりに高額な商品ばかりだ・・・

ヨドバシカメラなんて僕の中では衝動買いしに行くような場所でしかない

 

いざ!ヨドバシへ

カフェで過ごしたあと、予定していたとおりにヨドバシカメラへと向かった。僕のバレンタインのプレゼントを購入しに・・・

札幌の雪で荒れた道をくぐり抜け、ヨドバシカメラ札幌店に到着する

バレンタインで何か購入しにきた!と言ってもそんな高額の物なんてお願いするわけにはいかない

なのでなんか1,000円もしないような物を探そうと、1Fから見て回った

 

まずは1F。主に携帯コーナーとパソコンコーナーがあるフロアだ。Appleのコーナーなんかもある。ここで安価な物と言えば携帯のアクセサリーだろうが、特に気になる物なく、2Fへと足を運んだ

2Fはカメラ・テレビ・オーディのコーナーがある。それぞれアクセサリーや適当に見ていたのだが、これも特にビビッとくるものがない

それはそうだ。正直に欲しい物が無いわけでは無いのだが、どれも高額。この時点で既に、「素直にチョコにしてもらったほうがいいんじゃないか?」と考えていたのだが、もしかしたら彼女は僕のためにヨドバシで好きな物を選ぶようにしてくれたのでは?と考えてしまうとなかなか言い出すことが出来なかった

 

一通り、商品見たあと、やはり購入すべき商品が見つからなかった

 

僕「鈴木さん!欲しいものないから今回は何も買わなくてもいいんだよ〜」

 

鈴木さん「いやあるしょ!HIRAMAさん欲しい物は何かあるでしょ??」

 

僕「(いや・・・無いことは無いんだが、これは困った。あっヘッドホン!!!)」

 

と心の中で、それなら安いヘッドホンを購入してもらおう!という思ったのだ

安いやつなら2,000円程度で販売されているのでこれはちょうどいい!とさっそくオーディオコーナーに一緒に行き、それなりに安価なイヤホンやヘッドホンを選んでいた

 

そこで鈴木さんが驚きの発言をする

 

鈴木さん「HIRAMAさんの欲しいのはこんな安いヘッドホンじゃないでしょ?どれが本当は欲しい??」

 

僕「えっ!?」

 

 

〜次回予告〜

まるで僕の心の中を見透かされたような鈴木さんの発言に驚きを隠せない僕。ここからどんどん、僕が思いもしない結末へと加速していく

次回をお楽しみに!!

 

※続きはこちら
※前回はこちら

SPONSORED LINK