連載シリーズ4「真のキーボードとは〜妻の言葉〜」

〜前回のあらすじ〜

MacとWindowsを1台のキーボードで運用しようとし、妻に新しいキーボードをプレゼンするのも惨敗。妻の言葉に気づかされたHHKBの存在。はたしてぼくはこれからどうするのか!?

 

妻へのプレゼンが惨敗に終わり、なぜか新しい物欲が湧いてしまったぼく。次はどうやって新型のHHKBを手に入れるかということに思考を使っていた

 

「作業効率」=「便利」ではない

妻に「HHKB」を突っ込まれる前まではずっと「Logicool KEYS」だったのに一気に「HHKB」に傾いてしまった

それには理由がある

マウスと同じメーカー「Logicool KEYS」を使えば、間違いなくMacとWindowsの切り替えは便利だろう

ただこれが作業効率化に絶対、繋がっているとは言えないのだ

特にタイピングのことを考えると、どうしてもHHKB。毎日2万文字ぐらいタイピングしているので、そこを考えると今まで使い慣れているHHKBという選択になるのだ

 

購入するためには…

ぼくに必要なキーボードは決まった。間違いなく新型のHHKBだ

Bluetoothで4台も接続できる。全く問題がない

 

そう…

 

..

 

.

 

問題なのは価格だけ

 

35,000円という価格だけが問題なのだ

 

 

妻の言葉を思い出してみる

 

「はいっ!?1,500円じゃなくて15,000円???キーボードに?」

「却下!!今もっているHH…なんとかってキーボードが最高とか言ってたじゃん!それを使いなさい!!なんとかってキーボードなんか30,000円もしたんでしょ?それを大事に使いなさい!」

「ダメッ!!我が家からはお金は出しません!!」

引用:連載シリーズ3「真のキーボードとは」

 

妻の言いたいことをまとめると

  • キーボードに15,000円は高い
  • 今持っているHHKBを使いなさい
  • 我が家からはお金を出しません!

 

の3つだ。これをぼくなりに解釈してみる

  • HHKBならいい!
  • 自分で買うならいい!!

 

ぅん!

ちょっと無理やりな気がするがそういうことだろう

幸いにもHHKBは旧型と新型では素人では見分けがつかない

 

資金を集める必要がある

勝手なぼくの解釈だと

  • HHKBを自分で購入するなら買ってもいい

 

とのことだったので、購入費用を自己負担する必要がある

ここが結婚しているサラリーマンの悲しいところなのだが、ぼくの給料は全て妻に渡しているのだ

そして交通費といった必要最低限の資金しか手渡しされない

 

そんな状態のぼくがどうやって新型HHKBを購入するのか?

次回で最終となります

連絡シリーズ5「真のキーボードとは」でお待ちしております!

 

※連載シリーズ5「真のキーボードとは」はこちらをクリック

 

Sponsored Links

カテゴリー