この時期に懇親会やるのかよ!とツッコミを入れながらまた仙台へ出張です

この時期に懇親会やるのかよ!とツッコミを入れながらまた仙台へ出張です

先月出張したばかりなのに連休明けいきなり出張です

いちいち「出張しました!」なんて記事を書くのはどうかな〜と思ったのですが、今回の出張内容があまりにも、しょうもない内容だったので記録として残しておきます

世の中にはこういう会社があるってことだけ伝わってもらえれば幸いです

果たして何をしに仙台まで出張に行ったのか!?

では本日もいってみよう!!

合宿という名の懇親会

ある日のこと直属の上司から連絡が入った

上司:「仙台オフィスに取締役がきて合宿するから仙台オフィスに来るように!」

ぼく:「えっ!?こんな時期にわざわざ集まるんですか?Zoomとか使ってオンライン合宿的な感じにできないんですか?」

上司:「取締役が集まって合宿したい言ってるからとりあえず来て!」

ぼく:「!?。了解です」

ご覧通り「取締役が合宿やるっていうから仙台オフィスに来て」という内容だった

コロナウイルスがまた猛威を奮っている最中、あまり外に出たくないのだが、会社という名の組織にいる限り上司の指示には従うしかない

なくなく飛行機を手配した

仙台の仲のいい同僚に連絡をとってみ。今回の取締役の合宿について聞いてみたのだ

すると…

同僚:「あれは合宿という名の懇親会だね。取締役が社員と親睦を深めたいんだって!」

なっ…なんだと…!?

わざわざ懇親会のために仙台に行かなきゃいけないのか!?

わざわざ仙台にいかなきゃならない理由

そもそもなんで仙台?

懇親会やりたいなら、ぼくがいる札幌まで来いや!自宅まで迎えに来いや!!

なんて思いつつなんで仙台に集合なのかを考えてみた

今回の合宿という名の懇親会は、参加者がある一定の役職者のみとなる

そのため、役職者の人数が単純に多い仙台に集合といった流れだろう

ちなみに、ぼくは役職者でも何でもない。なのに呼ばれた

おそらく懇親会先でプロジェクターなど使ったりプレゼンっぽい会場を設置するのだろう

その便利屋さんとして呼ばれたに違いない

自分がかわいそうすぎる…

なんでオンライン懇親会にならないんだ

ひとつ思ったのだが、懇親会をやりたいならなんで「オンライン懇親会」にしないのだろう?ということ

だってコロナウイルスがまた感染拡大してるじゃん?

緊急事態宣言だって延長になるんでしょ??

ある意味、東京からやってくる取締役はウイルスを運んでいるようにしか見えん

理由は至って単純だった

役職が上になればなるほど、「オンライン」とか「インターネット」という言葉に弱いということに…

かろうじて、スマホのLINEが使えるレベル

あとはよくわかっていない

そう

Zoom会議をしているときに資料を共有できずに、もたもたしながら10分間、謎の時間が過ぎていくあのレベルだ

なので、人を集めて懇親会をするという考えになるのだろう

取締役クラスのひとの考えはよくわからない

タラタラと不満点をあげていったが、もしかしたら、ぼくが思っていることが普通じゃなくて取締役クラスの人間はこれが当たり前なのかもしれない

取締役になったことなんてないから、どういうふうに考えているのか全くわからん

もう少し言わせてもらうのであれば、

  • 懇親会をやるにしても時期を少しズラせなかったのか?
  • 飛行機のチケットぐらい会社で用意してくれ!

ことだ

そっちが仙台オフィスに読んでいるのだから、航空券ぐらい送ってこいや!!という感じです。経費精算が出来るものの一時的にでも負担するのは嫌です

といった感じで、たまにわけのわからんこと言ってくる会社で働いております

コロナウイルスに十分に気をつけて仙台へと行ってきますね

最後までお読み頂きありがとうございます

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links