【レビュー】たった19gのウェアラブルカメラ!〜Switcha!(スイッチャ)〜

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

先日、株式会社 ダイトク様から超小型ウェアラブルカメラをSwitcha!(スイッチャ)をサンプル品を頂いたので紹介したい!!

ここまで小さいウェアラブルカメラは初めてなので少し緊張する

スポンサーリンク

外観

製品本体は小さいのだが、箱自体はそこそこの大きさがある

様々なアタッチメント等が入っているこのサイズなのだろう

開封

開封するとSwitcha!(スイッチャ)がいきなり顔をだしてくる

箱の中を探っていくと写真のようなアタッチメントが入っている

3種類で4個ついてくるだ

実は、Switcha!(スイッチャ)はこのアタッチメントが非常に重要になってくる。それは後で細かく話そう

Switcha!(スイッチャ)

ではSwitcha!(スイッチャ)本体をよく見ていこうと思う

こちらがSwitcha!(スイッチャ)だ。上記写真を見るかぎりカメラ部分はわかるものの他は至ってシンプルだ

小さい穴のようなものがあると思うが、これはマイクだ

音声はここから拾う

背面がこちら。スマートウオッチのような金属の接続部分があるだけで他に変わったところは特にない

・・・

・・

皆さん、お気づきだろうか?

なんとこのカメラ、電源のオンオフのスイッチ、SDカード挿入口、充電用の端子が何一つ無いことに気づいただろうか??

そうです。このSwitcha!(スイッチャ)はそういった類のものがないのです(多少語弊があるが・・・)

ではひとつづこの問題に対しての解答をしていこう

SDカード挿入口がない

Switcha!(スイッチャ)にはSDカードの挿入口がなくシンプルな作りだ

実はSwitcha!(スイッチャ)は本体自体に8GBのメモリを搭載している。なのでSDカードを挿入する必要なく、動画の撮影をすることができるのだが、逆にSDカードを使うことが出来ないので8GBでうまく撮影するしかない

電源オンオフ・充電端子

次に気になるのが、電源オンオフや充電方法だ

お察しがいい方はもうお気づきかもしれないが、答えはこれだ▼

先程、登場したアタッチメントだ

実はこれにSwitcha!(スイッチャ)を装着することで電源がONになるのだ、逆にアタッチメントから外せば電源がOFFとなる

Switcha!(スイッチャ)とアタッチメント自体は磁石でくっつくので近くに近づけてあげるだけでいい

これで電源がONとなった

レンズの下が青くなっているのがおわかり頂けるだろうか?

これで撮影している状態なのだ

この写真を見て欲しい。アタッチメントにはmicroUSB端子がついているのでSwitcha!(スイッチャ)を装着してmicroUSBを差し込めば充電状態となる

またMacやパソコンと接続すればUSBフラッシュメモリのような認識となり撮影した動画を取り出すことができる

実際に使用してみた

はい!こんな感じで愛犬に装着してみました!

これはきっと面白い映像が撮影出来るハズ!期待を胸に膨らませして散歩に行ってきました!!

そしてどんな映像になっているかドキドキしながらMacと接続・・・

何も映っていない・・・

なんと何も撮影が出来ていなかったのだ。その後、色々試したのだが、一つの結論が見えてきた

あまり激しい動きをすると撮影が出来ないようだ

写真のようにSwitcha!(スイッチャ)を装着して歩いているときの動画は撮影が出来ているのに、走ったときの動画は全く撮影が出来ていなかった

初期不良なのかそういう仕様なのかは不明だが、ウェアラブルカメラとしては少し致命的な気がする

ちなみにSwitcha!(スイッチャ)は生活防水程度はついているので多少の水には負けない作りになっている

まとめ

電源のON-OFFがアタッチメントとの装着によって動くのはとても面白いアイディアだ

カメラが苦手な人でも手軽に簡単にSDカードも用意することなく、アタッチメントに装着さえすれば撮影が可能となる

自転車や車両に装着してもいいし、僕のように散歩している風景を撮影してもいいかもしれない!

かなり激しいアクティブなことにはついていけなく、撮影が出来なくなる可能性もあるが、Switcha!(スイッチャ)を胸に装着して旅行先を撮影するのには重宝しそうなカメラですよ!

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう