連載シリーズ5「EOS〜決断〜」

〜前回までのあらすじ〜

部長ナビの大人気シリーズ。長期連載がスタートした。

長期連載「男達のEOS」。最後までみて僕は決断することになったのだ。

スポンサーリンク

長期連載「男達のEOS」をみて

あー

長期連載「男達のEOS」を最後までみて

部長さんは「EOS 80D」にいったのだ。

Mastodonもこのネタでもちきりだ。

部長さんのEOS 80Dレビュー記事もチェックした▼

【レビュー】EOS 80D+18-135mm USM、DIGIC6搭載、全てが進化したこのカメラ、もう70Dには戻れない | 部長ナビのページ
こんにちは。部長ナビ(@nabi_1080)です EOS 80Dを購入して、撮影しまくった。使いまくった。18-135mmも買った。そして、カメ仙人の言う通り、この組み合わせはスゴかった。マジでヤバいのでそれをお伝えしよう 動画開封レビュー 今回は動画開封レビューも撮っているので、先にご覧になりたい方はどうぞ! 外箱! 今回購入したのは、EOS 80Dボディ EOS 70Dを下取りに出して購入した。ちなみに、下取り交換的な購入方法は僕が購入したマップカメラの他にも、カメラのキタムラ(おこPがEOS 9000Dを買ったのはキタムラ)でもできるだろう 査定額がアップするので、ぜひ、下取り交換で購入したいところだ! レンズは先に買ったのでオッケー カッコよすぎるEOS 80Dの文字が浮かぶ ああ・・・。なんてカッコいいんだ。シビれる 開封! コレが内容物 ちなみに、この写真はEOS M3で撮影している シンプルな内容だが、EOS 70Dで慣れているので特になんとも思わない ストラップには当然EOS 80Dの文字が カッコよすぎて、泣ける 本体外観 ほとんどEOS 70Dとは変わってないはずなので、特に違和感、目新しさは感じなかった 問題は中身だ 肩の通称「小窓」 コレが僕の毎日のレビュー写真撮影を快適にしてくれている 何がどう快適なのか、後で動画でもレビューすることにしよう ちなみに、小窓の前にあるダイヤル、これが「AvモードでF値を変更するダイヤル」だ。ムチャクチャ便利 使って分かったのが「Q」のボタンと、「再生」ボタンの形状が変わったという事 押しやすくなったが、下取り交換の場合、先にEOS 70Dを送ってからEOS 80Dが届くので、比較写真が撮れないのが痛いところだ。ま、それは仕方ない 使ってすぐわかったが、こっちの方が良いような気がしている なお、「SET」の周りのダイヤルを回すと露出が変わる。コレも鬼便利。使わない日は無いくらい使ってるダイヤルだ 僕がEOS 80Dを使う大きな理由の1つがこの「ダイヤル」だろう。小窓ももちろんそうだが、ダイヤルの操作感を一度知ると、Kissシリーズには戻ることはできないと感じている レビュー写真は、多くの写真を短時間で撮る 特に僕のような本業持ちの素人ブロガーにとって時短というのは大きなテーマだ

レビュー記事がきっかけで決断したのだ。

僕もEOS 80Dにしようと。

憧れのブロガー部長さんと同じカメラを使いたい!

この一心で完全にEOS 80Dに心が決まった。

あとは嫁さんにしっかりしたプレゼンをするだけだ。

どうやって購入する!?

嫁さんに再びお話をしてみる。

僕「聞いてくれ!僕は・・・」

嫁「カメラでしょ?部長さんの記事で紹介してたもんね」

僕が全てを語る前に嫁さんには察しがついていたようだ。

僕「じゃー購にゅ・・・」

嫁「ダメ!!」

やはりダメと言われた。

嫁「部長さんが新しい何かを購入するたびに購入する気なの?それはダメ!」

嫁さんの言うことはごもっともだ。

Mastodonでもマップカメラなら分割手数料が36回まで無料だよ!とか色々と部長さんや色々な方からアドバイスを貰ったのだが、ここでそれを言うとさらにヒートアップしかねない・・・

今は言うときではないようだ。

何か交渉する方法を見つけなければならない。

出来れば嫁さんにもカメラの良さをわかって貰えて納得した形で購入をしたい。

〜次回予告〜

ついに欲しいカメラをEOS 80Dに絞った。

ただ最後の難関が嫁さんの反対だ。

果たしてEOS 80Dを手に入れることができるのか?

気になる続きは明日更新する!!

※前回はこちら

※続きはこちら

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう