Macで使うメールアプリは「Spark」が使いやすいです

Macで使うメールアプリは「Spark」が使いやすいです

どうも!HIRAMA(hirama1406)です

ぼくがMacをメインで使い始めたのが2013年で、だいたいMac歴が8年ほどとなる

今や会社人間とのやりとりはLINE WORKSだったり、友人や家族はLINEだったりとメールを活用することは少なくなってきてはいるものの無ければ無いで困るのがメールだ

Mac使いのあなたはメールアプリは何を使ってますか?

Macにもともと入っている純正メールアプリも悪くないですが、ぼくのメールの使い方だと「Spark」のほうが合っているように思えます

本日は、メールアプリ「Spark」が使いやすいと思う理由などを語っていきたい

Macで使うメールアプリを探しているのであれば参考になれば嬉しい

ではいってみよう!

「Spark」を使い続けている理由

メールアプリと言うと世の中にはたくさんある。Macに標準でインストールされている「メール」だったりGmail、MicrosoftのOutlookとあるが、その中でも、ぼくは「Spark」が使いやすくて使い続けている

ぼくが「Spark」を使い続けている理由が下記のとおり

  1. デザインがシンプル
  2. iPhone、iPadの連携がスムーズ
  3. 操作がしやすい

1_デザインがシンプル

Sparkのメール画面はとてもシンプルでみやすい。初見でもどこがどうなっているのかが直感的にわかるのは嬉しいところだ

デザインがシンプルだと、「メールの見やすさ」「メールの管理」「操作がしやすい」などに直結すると思っているので、デザインがシンプルなのは個人的にポイントが高い

デザインに飽きずに使い続けられるってのは大切なことだよね

2_iPhone、iPadの連携がスムーズ

SparkはMacのみのアプリではなく、iPhoneやiPad版のアプリもある。Spark用のアカウント作成しログインすることで、Spark内のメールアカウントや受信メールを管理することができるんだけど、これがマジでスムーズに同期してくれる

あとで紹介するが、ぼくは毎日大量のメールをチェックしたり、削除する作業が多いのだ

この連携がスムーズなことにより、自宅のどこにいても、どのデバイスで作業をしても遅延することがない

メールアプリでデバイス間の連携は当たり前と言えば当たり前かもしれないけど、とても大事なポイントだ

3_操作がしやすい

先程も少し触れたが、Sparkは操作がしやすい。少し語弊があるかもしれないが、操作で困ることが基本的にないのだ

基本操作はすべて直感的に行うことができるので、「あーこの操作はどうしたらいいんだろう?」ということはないと言っていい

ぼくはMacにもともとインストールされている純正メールアプリよりはSparkのほうがわかりやすかった

真価を発揮するが大量のメールをチェックするとき

とくに「Sparkが使いやすいな!」と感じているのは、メールアプリの使い方にもあると思う

ぼくはGoogleアラート愛用しているんだけど、そのせいで毎日大量のメールを受信するのだ。そのメールの中にはメルマガだったり、本当に重要なメールだってある

それを普通のメールアプリを使うと設定しないかぎり、本当に大切なメールが埋もれてしまうのだ

しかし、「Spark」ならデフォルトの設定から、メール受信ボックスが振り分けられていて、Googleアラート、メルマガ、ピン付きなどといった感じで振り分けて読みやすいようにしてくれる

これが本当に使いやすい

Googleアラートのメールはサクサクっと目を通して最後は一気に削除するので、メール内で受信メールを何の設定もなく振り分けてくれるのは嬉しい機能だ

当時は純正メールアプリも使ってたけど、Sparkを知ってからはずっとSparkを使ってる

Macを使い始めた当初こそ、ずっと純正メールアプリを使っていたけど、Sparkを知ってからはずっとSparkを使っている

正直なことを言うと、Sparkを使い始めた頃にトラブルが何もなかったわけじゃない。Sparkを導入した矢先にGoogleの障害が重なって、まったくメールが使えなくなってしまい、Sparkのせいだと思っていたことがある(詳しく知りたい人はこの当ブログで「Spark」と検索してくれ)

ただそれは勘違いで、Sparkはちゃんと使いやすいメールアプリでした

メールアプリに少しでも効率のいい使い勝手を求めるのであれば、「Spark」をオススメします

ぜひチェックしてみてくださいね

Spark

Sponsored Links