ほぼブラックな会社のサラリーマンが自分だけの時間作る方法!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

同僚にたまに言われるのですが、「いつブログ書いてるの?」「いつ読書してるの??」等。僕の会社での働きを知りつつ僕がブログをやっているということを知っている同僚によく言われます

僕が働いている会社はブラック…というと角が立つので、ほぼブラックと言っておこう

なんせ勤務時間が長いのだ。そんな日々の生活の中で自分だけの時間を作るのは難しいと考えている同僚が多いのだろう

本日は毎日毎日自分の時間を会社に費やしているサラリーマンが自分だけの時間を作ることができる僕なりの方法を紹介しよう

 

会社の勤務時間について

僕なりの時間の作り方を紹介する前に、まずは僕が会社にいる時間、勤務時間についてカンタンに少し語ろう

08:00〜(家を出る時間)

自宅から職場まで約1時間かけて通勤する。日によって地下鉄を使ったり車を使うのだが、だいたい08:00には自宅を出るようにしている

09:00〜(出社)

09:00には職場に到着。始業するまでにあれこれと準備等を行う

10:00〜(仕事)

本格的に仕事が始まるのが10時くらいだ。そこから一般のサラリーマンとして持てる力を出し尽くし全力で働く

21:00〜(帰宅)

21:00に仕事が終わり職場から自宅へと帰還する

22:00〜(自宅)

22:00頃に自宅に到着。ここから夕食作ったり、風呂入ったりと就寝までの時間の時間を過ごす

 

と大まかな流れはこんな感じだ。もちろん毎日がこの時間で過ごせるわけでもない。日によって07:00に自宅を出るときもあるし、残業があって23:00に自宅につくことだってある

ただ毎日のルーチンワークとしているブログ執筆、読書、イラストの練習(最近始めた)は欠かしたことがない!

 

自分だけの時間の作り方

先ほど、僕の1日の勤務時間を紹介した

1日24時間しかないのに職場にいる時間は12時間の拘束だ。通勤時間も入れるとざっくり14時間の計算となる

そこに睡眠やら食事、風呂やブログ等を行う時間が10時間しかないのだ

この10時間の時間の使い方が大事なのである

 

①朝の時間を使う

僕の起床する時間は06:00〜07:00だ。前日の帰宅時間によって起床時間が少し左右するのだが、遅くても07:00には目覚めるようにしている

個人的には05:00には起きれるのが理想なのだが、7連勤とか当たり前にある職場なので早起きするのは休日のときぐらいだ

起床時間にもよるが、職場にいくための身支度が僕は30分ほどで済むので30分〜1時間30分くらいは自由な時間を作ることができる

「30分で何が出来るの?」と言われることもあるが、30分あればコーヒーを片手に読書をすることだって出来るのだ

1時間30分あれば1記事書くことだってできる

 

②通勤時間を使う

片道の通勤時間1時間。そのうち地下鉄に乗っている時間は20分ほどだ。この20分をスマホゲームで浪費するのは非常に勿体無い

地下鉄ではブログで使えそうなネタを探し、ネタになりそうなモノをメモにとったりしている

 

③帰宅後の1時間勝負

1日の時間を無駄にしないためにも帰宅後の1時間が勝負だと思っている

だいたいいつも21:00には帰宅するので22:00まには夕食作り、夕食、洗い物、風呂は終わらせている。帰宅してすぐダラダラするのも悪くないが、そんなことをしているとあっという間に時間がすぎて1日が終わってしまう

 

④01:00には就寝

最低でも7〜8時間は寝るようにしている。それ以下の睡眠時間だと朝が起きられなかったり頭が回らなくなってしまうからだ

なので1日の僕の活動限界時間が01:00となっている。01:00には就寝し、次の日の朝に備えるのだ

睡眠マジで大事!!

 

12時間は職場にいるけど十分な自分の時間は作れる!

1日の半分は職場にいる(残業だらけ)。この職場ブラックかどうかはこの記事を見ている方によって感じ方は違うだろう

僕より多くの時間を職場で過ごしたり、逆に少なかったりするハズ!

ただ1日の半分を職場で過ごしている僕でさえ少なくてもトータル4時間ほどは自分の時間を過ごすことが出来ているのだ

そのたった4時間はまとまった4時間では決してないが、それをゲームや動画をみて時間を消費するのか、インプットやアウトプットといったブログや読書を行い消費するのかは人次第だろう

仕事は毎日毎日あるので仕事が終わって帰って寝るだけの人生が勿体無い!

ちょっとした時間を自分の為に使ってみてはいかがだろうか?

一般のサラリーマンとして僕の自分だけの時間の作る方法を紹介致しました!!

Sponsored Links

カテゴリー