高級キーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S」。1ヶ月使用レビュー

ここ最近の高い買い物といえば、先月に購入した「HHKB Professional HYBRID Type-S」(以下 HHKB Type-S)

そろそろ購入してから1ヶ月ほど、経過したので使用感のレビューなんかを語っていきたい

これから「HHKBシリーズ」を購入しようと検討されている方の参考になれば嬉しい

ではいってみよう!

 

普段の使い方

まず、ぼくが”HHKB Type-S”をどんな使い方をしているのか?を紹介しよう

基本的に毎日使っている15インチ MacBook Proのキーボード上に乗せて使っている。いわゆる「尊師スタイル」というやつだ

コロナウイルスの影響で現在は在宅勤務なので、この使い方がスタンダード

ちなみに在宅勤務じゃないときでも職場に”HHKB Type-S”を持っていて使っている。どこで作業をしても同じ作業環境をモットーに日々作業をしている

 

キーボードの上にそのまま乗せてはいないよ

聞かれることがあるので、尊師スタイルについて少し補足をする

尊師スタイルでよくキーボード上に”HHKB Type-S”をじかに設置する人が多いが、ぼくにはマネ出来ない

15インチのキーボードが勝手に押されたり誤入力されそうだし、痛みそうだしで「キーボードブリッジ」を使っている

HHKBを販売するPFUが販売する製品で”尊師スタイル”にするためのアクリル製の板だ

頑張れば自作できそうだが、せっかくなので1枚購入して愛用している。わりと便利で、キーボードの誤入力の心配がまったくない

価格が4,000円しないくらいでちょっと高めなので、ぼくのような変態ガジェット好きが購入するような製品だ

【レビュー】HHKB!完璧な尊師スタイルを実現!「キーボードブリッジ」がやってきた!

PFU:キーボードブリッジ

 

打鍵感は”さすが”としか言いようがない

前機種から愛用しているので気になるのは”打鍵感”(キーボードをタイピングした感じ)だが、これは全く前機種と変わらず、素晴らしいのひとことだ

初めてHHKBを見ると「すげータイピングしづらそう」「わざわざ持ち運びまでして使うキーボードか?」という印象が強めだが、これは使ったことがある、体感したことがあるユーザーにしかわからない

“HHKB Type-S”でタイピングをすると気持ちがいいのだ。そのおかげでブログの執筆もすすむし、仕事もサクサクとこなすことができる

打鍵感はマジでさいこーーーー!!

 

Type-Sの醍醐味!静音!!

“HHKB Type-S”に買い替えてから、わかりやすい変化がある。「職場で怒られなくなった」だ

前機種だとタイピング音がそれなり響く(それがいいのだが…)そのせいで本気でタイピングするとタイピング音がすごいことになるのだ(タッタッタッタタタタターン!)

その音でよく隣に部長に怒られたが、”HHKB Type-S”にすると全く音が出ないってことはでないが、静音になり職場で怒られるようなことがなくなった

ただ個人的にはHHKBシリーズのタイピング音は好きなので、自宅ではBGMなど流さずに“HHKB Type-S”の静かなタイピング音を楽しんでいる

 

「Type-C」にこだわっていたがあまり関係なかった

“HHKB Type-S”に買い替えた理由のひとつ。それが「Type-C」の存在

手持ちガジェットの充電端子をなるべく揃えたいな〜と考えていたので、HHKBの「Type-C」対応は本当に喜んだし、テンションも上がった

だけど、実際に手にしてみると言うほど「Type-C」で良かったと言える場面がまったくない

おそらく、ぼくの場合は自宅かオフィス。デスクの上で仕事をするのだからだろう

これがカフェといった外出先での作業が多いなら活躍するのだろうけど、ぼくはあまり恩恵を受ける事ができなかった

 

便利そうなペヤリング機能

“HHKB Type-S”から搭載された新機能。4台までペヤリング出来て、かんたんな操作ですぐに切り替えられる機能だが…

すいません….

まったく使ってません

当初は職場のWindowsと自分のMacでキーボードを統一化してすぐ切り替えられたら便利だな〜と思っていたのだが、基本的にMacしか使っていないのでペヤリングの切り替えるタイミングがまったくありません

メインの使用デバイスが1台とかだとそんなに重宝しない機能です

 

1ヶ月使ってわかった”HHKB Type-S”のメリット

結局のところ、ぼくが前HHKBから新型HHKB Type-Sに買い替えたメリットは「タイピング音が静音になったこと」ぐらい…

まーそれはそれでタイピング音で会社で怒られることがなくなったので良しとするが、すでに前機種を持っているユーザーが買い換えるメリットはそんなにない

ただこれから「HHKBデビューするぜ!!!」って方はHHKB Type-Sを購入すると幸せになれる

「”HHKB Type-S”を購入して後悔してる?」と聞かれるとそんなことはまったくない。購入しないとわからないこともあったし、いまは使っていない機能でも今後使うこともあるだろう

最終的にHHKBは最高のキーボードですってことが言いたい

 

 

 

Sponsored Links