Mac の Safari でZIPファイルをダウンロードしたら勝手に解凍されて困ったので設定を変更して対応しました

Mac の Safari でZIPファイルをダウンロードしたら勝手に解凍されて困った件

つい最近困ったことがあったので記録として記事に残しておく

取引先の相手から画像データをまとめたZIPファイルを送ってもらうことがあった。Safari でダウンロードすると、どうも画像データは1枚だけ。相手は複数枚の画像データをまとめてZIPファイルにしたと言っている

よくよく見てみると、Safari でダウンロードが完了するとZIPファイルが勝手に解凍、そしてなぜか1枚だけ画像データをダウンロードしている状態になっているではないか

何回ダウンロードしても結果は一緒だったので、そもそも“SafariでZIPファイルをダウンロードした瞬間に解凍されているのが問題”だと思い、ZIPファイルのままダウンロードするように設定を変更しました

Safari でダウンロードしたZIPファイルを勝手に解凍させないようにする設定

ZIPファイルを自動的に解凍してくれると助かるときもあるが、そのままZIPファイルのままダウンロードしたいときだってある

そういうときは、この設定方法を知っていると Mac で使う Safari がさらに便利になること間違いなしです

その1_「Safari」→「環境設定」

Safari でダウンロードしたZIPファイルを勝手に解凍させないようにする設定

Safari でダウンロードしたZIPファイルが勝手に解凍されるので、Safari の設定を変更する。Safari を起動して、「環境設定」をクリックする

その2_「ダウンロード後、”安全な”ファイルを開く」のチェックを外す

その2_「ダウンロード後、"安全な"ファイルを開く」のチェックを外す

Safari の「環境設定」を開くといろいろな項目が出てくるが、「一般」タブの1番下にある「ダウンロード後、”安全な”ファイルを開く」という項目があるので、ここのチェックを外します

これで、Safari でダウンロードしたZIPファイルが勝手に解凍されることなく、ZIPファイルのままダウンロードすることができるようになります

ZIPファイルはZIPファイルのままダウンロードしてたハズなんだけどな…

この設定のおかげで取引先から頂いたZIPファイルを見事開くことができました

ひとつ腑に落ちないのは、「ZIPファイルはZIPファイルのままダウンロードする」ように設定しておいたつもりなんだけど…

あっ!?

もしかしたら最近OSのアップデートをしたからかな!?

それぐらいしか原因という原因がわからない

OSアップデートで、Safari の設定が変わったかもしれないので、ZIPファイルでよくやりとりする方は、macOS アップデート後に一度 Safari の設定をチェックしてみるといい

Mac で Safari を愛用しているのであれば覚えておくといいですよ

今回紹介した Safari の設定を覚えておくと、ZIPファイルのままダウンロードしたり、ダウンロードした瞬間に解凍することもできるので、使い分けると結構便利ですよ

ぼくは基本的にZIPファイルのままでダウンロードできるように設定しております

解凍はダウンロードしてからもできますからね

Mac でSafari を愛用しているひとはぜひ使ってみてくださいね

では本日はこのへんで

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links