連載シリーズ4「真のProとは… 〜ゴリ〜」

macbookpro

〜前回のあらすじ〜

新しいMacBookを購入するため、妻からの了承得た。しかし、1番欲しい16インチ MacBookProを購入するには予算の関係から難しい…何かいい情報が無いかとiPhoneで情報を集める。なにげに開いたTwitterに答えがあったのだった

連載シリーズ4「真のProとは…〜ゴリ〜」スタートです

 

 

妻からうまくMacBookを購入するお許しを得ることができた。妻は、ぼくが“ディスプレイサイズが大きいモデル”を使いたいことも知っている

 

ただ….

 

そぅ…

 

どうしても予算だけだがネック

 

妻からもらった予算は25万〜30万(税込で)。これでは16インチ MacBook Proの下位モデルすら購入することが出来ない

 

“ゴリミー”のツイート

Twitter.ツイート

心の中では

「妻からも了承得た」

「16インチ MacBook Proが使いたい!」

とすごく盛り上がっている

“せっかくなら16インチを購入したい!”

なにかいい情報がないかiPhone 11でネット上をさまよっていた

気づけばTwitterを開いてる

最近ではTwitterで絡んでくれる人が多くて嬉しい

サクサクとTwitterを見ているとある情報に目が止まった

それがこれだ

 

ぼく:「えっ!?」

 

そこにはいつもブログ記事をチェックしているApple系ブロガーゴリミー(@gori_me)のツイートがあった

ツイートの中身は“Macの整備済商品の最新情報”だった

 

ぼく:(Macの整備済商品…これなら新品に、こだわらなければ低価格で16インチ MacBook Proが手に入るのではないか…)

 

すぐにMacの整備済商品について調べてみた

 

「整備済商品」という選択肢

MacBookPro.整備済

“Macの整備済商品”は、不具合や返品があった端末を整備し、新品と同じ基準に満たした商品のこと

“新品”にさえこだわらなければ新品で購入するよりも最大15%オフで購入することができる

上記画像ではAppleCareを追加しているので、高く見えるが16インチ MacBook Pro本体だけの購入だと24万円を切ることが出来る

しっかり予算内に収めることができる!

これなら16インチ MacBook Proを購入することができるぞ!!

 

妻との約束「20万〜25万」以内の予算もしっかり守りつつ、しかもぼくが欲しかった16インチ MacBook Proを購入することもできる

 

ぼくも妻もウィンウィンな状態

 

そう

 

無事、16インチ MacBook Proを購入することが出来てこの物語も終焉を迎えようとしている

 

 

..

 

.

 

「だけどな〜」「それならさ〜」

 

と声が聞こえてくる

 

どこから?

 

整備済 16インチ MacBook Pro 下位モデルで購入で決着すると思われた

しかし、内心納得していないのか、ぼくの内なる声が聞こえてくる

 

皆も経験があるだろう。”欲望の声”だ

 

 次回、最終話

連載シリーズ5「真のProとは… 〜欲望の末に〜」

Sponsored Links