新たなメインMacBookとして、16インチ MacBook Pro(2019)を迎えました

16インチ MacBook Pro

昨年、16インチ MacBook Pro(2019)が発売されてからというもの気になって気になって気になって、まったく手を出せないでいた

愛用中の15インチ MacBook Pro(2016)が不調ということ、妻から理解を得たことからようやく購入に至ることができた

詳細は、先日に完結した連載シリーズ「真のProとは…」と読んでもらえると、16インチ MacBook Pro(2019) 購入までの悩みなんかを楽しんでもらえると思う

“いまさら”と思われるかもしれないが、ぼくがぼくの為に購入した16インチ MacBook Pro(2019)。ぼくなりのレビューをしていく

連載シリーズ1「真のProとは… 〜始まり〜」

 

購入した 16インチ MacBook Pro スペック

スペック
  • 第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ
  • AMD Radeon Pro 5500M(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
  • 16GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • 1TB SSDストレージ
  • JISキーボード
  • スペースグレイ

購入した16インチ MacBook Pro(2019)のスペックはカスタマイズがされていない上位モデル

基本的に16インチというディスプレイサイズにこだわりたかったので、16インチ MacBook Pro(2019)を選択。ストレージやコア数の観点から上位モデルを選んだ

ちなみに今回初めて”認定整備済製品”からの購入。「Macは欲しいけど高いんだよな〜だからといって整備済は中古っぽいし…」なんて悩んでいる方の参考にでもなれば嬉しい

 

“認定整備済製品”の化粧箱

16インチ MacBook Pro,化粧箱,認定整備済製品

これこれ!

ぼくも初めてなんだけど、”認定整備済製品”から購入すると化粧箱がすげーシンプル

化粧箱だけで”整備済製品”とわかるようになっている

この化粧箱はこの化粧箱で、とてもカッコいいと思っているのはぼくだけだろうか

 

開封 〜新品と中身に違いはあるのか〜

16インチ MacBook Pro

化粧箱だけでテンションMAXになってしまったが、しっかり中身もみていこう

さっそく開封をする

「”認定整備済製品”だから新品と何か違うんじゃないの?」

と思うかもしれない(ぼくもそう思っていた)

 

16インチ MacBook Pro,化粧箱,中身

実際に開封すると、化粧箱のデザイン以外は新品と一緒(まーMacBookシリーズの中身はどれも変わらない)

開封したあと、中身だけみても”新品”なのか”整備済製品”なのか判断はつかない

 

16インチ MacBook Pro キーボード

16インチ MacBook Pro,シザー式キーボード

16インチ MacBook Pro 目玉のひとつ。シザー式キーボード。前機種のバタフライキーボードとは大きく変わっている

バタフライ式とシザー式だとタイピングのしやすさはシザー式のほうが圧倒的にタイピングしやすい

MacBookの1番大切なキーボードが使いやすいのは、とても大切なポイントだ

 

独立している「ESCキー」

16インチ MacBook Pro,キーボード

前機種までTouch Barの中にいた「ESCキー」。これが16インチ MacBook Proから独立するようになった

正直、ぼくはそんなに使わないキーなので「どっちでもいいな〜」なんて思っていたが、まったくそんなことない!

「ESCキー」を思ってたより使ってました。独立したキーになってサイコー!!

 

カーソルキー

16インチ MacBook Pro,逆T字

16インチ MacBook Proのキーボードで変化した箇所がもうひとつある

それは「カーソルキー」だ。”逆T字”と呼ばれるカーソルキー

たしかに逆T字になることによって誤入力が少なくなった気がする

 

Thunderbolt 3(USB-C)ポート が硬い…

USB-C端子

ん…んっん〜〜〜〜

MacBook Proシリーズ(2016)から端子はすべてUSB-Cポートになった。今回、購入した16インチ MacBook ProももちろんUSB-C

ただ…ただですよ。なんか”硬い”気がするんだよな〜

USB-Cの抜き差しがしづらいっていうか…ウン!かてぇ〜わ

 

進化したスピーカー

16インチ MacBook Proスピーカー

イヤホンで音楽を聞くことが多いのでスピーカーの出番は少ないが、16インチ MacBook Proで”スピーカーが進化した”ということで試してみた

15インチ MacBook Pro(2016)と16インチ MacBook Pro(2019)

いつも聞く作業用のBGMだ(ちなみにYouTube)

..

.

うん。違う。全然ちがう

音質の違いにビックリしすぎて妻にも確認してもらったが、「すごくわかるくらい違い」がある

これは別途でスピーカーを用意する必要がないくらいだ

 

ディスプレイのベゼルは薄くなった

16インチ MacBook Proベゼル

15.4インチサイズのディスプレイから16インチサイズのディスプレイへの進化。そのディスプレイサイズわずか0.4インチというごくわずかなディスプレイサイズアップ

これを実際にみて違いがわかるのか?というとこだが、15インチ MacBook Proを使い続けているとごくわずかなディスプレイサイズの差がわかる

実作業レベルでは、どちらのモデルを使っても違いを確認するのは困難だが、15インチと比べたときとの”わずかサイズの差”がすごくモチベーションにつながる

うん。やっぽいいよ16インチは!!

 

“整備済製品”でも新品かのような美しさ

16インチ MacBook Pro開封

最後にちょっと”整備済製品”でも美しいってことを語っていく

上記画像を見てほしい

“整備済製品”といっても新品MacBookを購入したときのようにディスプレイが”とてもいい用紙”で保護されている

 

16インチ MacBook Pro美しい

“整備済製品”なので「どこかに小さいキズでもないかな〜」と思い、いやらしくあちこち細かくチェックしてみたが、まったく傷ひとつもなく、ブログネタにもならない!!

 

16インチ MacBook Pro充放電

これ気になる人あまりいないかな〜

“整備済製品”だから「充放電回数も多いんだろうな〜」と覚悟していたが、0回カウントだった

これは嬉しい!!

(上記画像は本当は”0回”カウントのを用意したかったけど忘れてて後で用意しました…スイマセン!!)

 

16インチ MacBook Proと共に歩む

16インチ MacBook Pro

今まで仕事でもブログでも最高のパートナーとして一緒に頑張ってきた15インチ MacBook Pro(2016)にお別れをつげ、新たなビジネスパートナー16インチ MacBook Proと共にこれからを歩んでいく

予算の関係で関係で今回「整備済製品の購入」を選択したが、ぼくはかなり満足のいく買い物となった

16インチ MacBook Proに切り替えてから数日利用しているが、とくに問題なく、サクサクと動いてくれる

これからは16インチ MacBook Pro(2019)と一緒にさまざまなコンテンツを作っていく

 

 

 

 

Sponsored Links