『iPhone6Plus』画面が真っ暗になったときの対処方法!!

ども!家に帰ったら嫁が騒いでいてうわっ・・・って思ったHRIAMA(@hiramarilyouiti)です。

何で嫁が騒いでいたのかというと・・・

何やら嫁が使用しているiPhone6Plusの画面が真っ暗になって操作ができなくなったそうです。

 

まずは故障切り分け!!

まずはiPhoneもAndroidもそうですが、スマホ本体の物理的な破損なのか中身のソフトでハード的な問題なのかを切り分ける必要があります。

今回の我が家の嫁のiPhoneが画面が真っ暗になった現象をもとに個人的に切り分けしてみました。

①外部的破損の確認

まずは外観をチェックします。

ここで何かしら破損しているのであればそこから水分が入って中の基盤をサビにしている可能性がありますし、故障の原因は十分にありえます。

 

②ホームボタンの反応があるかのチェック

iPhoneであればホームボタンの長押しで『Siri』が立ち上がるはずなのでこれが出来るか検証。

今回の場合だと反応がありました。

ということは単純にiPhone自体は起動状態であるが画面だけが真っ暗ということになります。

 

③充電器を接続して反応があるか試してみる

今回の症状が上記のチェツクで恐らく、スマホ自体は起動しているが画面だけが真っ暗という症状からハード的な要素が高めです。(外部的損傷が無いため)なので再起動して治る可能性があります。

Androidの場合はバッテリーが取り外せるタイプもあるので一度、バッテリーを入れなおして再起動でもいいでしょう。

そもそも充電器を接続して反応がない場合は充電自体が出来てないので外部破損の可能性が高いです。

ただ今回はしっかり充電器に接続すると反応がありました。

 

④再起動、強制再起動を試す!

ここまできたら再起動を試すだけです。

しかし、今回の私のケースだと普通の電源ボタン長押しの再起動を試してもiPhoneが反応してくれなかったのです。

そこで『強制再起動』をすることにしました。

iPhoneの場合は『ホームボタン+電源ボタン』の同時長押しです。

これでなんと今回の症状から回復することに成功しました。

その後も同じ症状がでていないのできっと一時的な症状だったのでしょう!

もし物理的な破損の場合はすぐ修理を!!

中身のOS問題ではなく、物理的な破損や外的要素が高いスマホの不具合はすぐにキャリアショップに持込、修理をすることをおすすめします。

いくらスマホが防水、防塵スマホでもどこかしら破損していて水滴1滴でも侵入すればそこから錆が広がって故障の原因になります。

なので画面割れや落としてボディが割れた場合はお金がかかってでもすぐ修理にだしましょう!

スクリーンショット 2015-10-26 1.23.02

まとめ

スマホは一時的にでも使用不可能になるとかなり不安になりますよね?

今や無くてはならない便利ツールです。

大切なスマホ、もし故障自体になっても適切な判断が出来るように調子が悪いときは検証できる力ぐらいつけてても損はしませんよ!!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA