連載シリーズ1「真のキーボードとは〜始まり〜」

札幌は例年に比べたら今年はわりと雪が少なめ

道路もツルツルで路肩には雪山が出来ていていい時期なのに、道路の雪はちゃんと溶けているし、路肩にも雪山なんか出来ていない

そんな3月の上旬

世の中は「コロナウイルス」の話題でもちきり。毎日毎日感染者の報道がれている

 

連載シリーズ、「真のキーボードとは」スタートです

 

 

もどかしい職場のデスク

ぼくの仕事は主に、会社HP運用、ECサイト運営、SNS、Youtube、リスティング広告の管理等といったWeb関係を担当している

ぼくが会社に足りないものを部長にプレゼンした結果。新しくできた部署

社員もぼくしかいない

「いいように使われてる!」

と言われればそうかもしれないが、自分の好きなことに毎日打ち込めるし、知識も増やせていける

 

基本的に作業をおこなうパソコンは、ぼくの「15インチ MacBook Pro(2016)」

半問ほど、”自分の私物のMac”で作業をおこなってきたのだが、社内のシステムにアクセスできないことから、Windowsパソコンを支給された

 

MacとWindows

 

2台を並べると上記画像のようになる。ディスプレイが増えるのは構わないのだが、2台分の「キーボード」「マウス」でデスクの上がせまくなることがもどかしい

 

 

1台で運用できるマウス「MX Master 3」

職場のデスクが汚い=仕事できない

と常に考えているぼくは、今がまさに”デスクが汚い”状況

デスクに何もおいていない免責より、パソコンやらキーボードやら資料で敷き詰めている面積の方がひろい

ゴチャゴチャしているのは本当に嫌いだ

 

ひとつの解決策をみつけた。愛用しているマウスがマルチペアリングをもっているので、MacとWindowsの両方を1台で運用することができる

これでデスクのうえからマウスをひとつ分だけのスペースを確保することができた

マウスがひとつ無いだけでもデスクの見た目が非常に変わってくる

 

 

キーボードの使い分け

MacとWindowsがあるということはキーボードも2つある

Macを使うときは持参したHHKB。Windowsを操作するときはWindowsのキーボードを使う

マウスは1台運用で解決したのに”キーボード”はいまだに2台運用

とくに慣れないのがWindowsのキーボードだ

今までずっとHHKBをつかってきたのでタイピングミスがひどく思うように動かせない

 

はたしてデスクのうえに”キーボード”を2台置くことは正解なのか

 

なにかうまい方法があるのではないか

 

 

MacとWindowsがあるからといってそれぞれのキーボードを置くことに疑問を覚えるぼく、果たしてどんな答えを導きだすのか

 

次回、連載シリーズ2「真のキーボードとは」近日公開です

 

※連載シリーズ2「真のキーボードとは」はこちらをクリック

Sponsored Links

カテゴリー