サラリーマンブロガー!マウスの歴史!!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

日々15インチ MacBook Proを愛用しているのですが、15インチと必ず一緒に持ち歩くものとしてマウスがあります

15インチ MacBook Proは主に仕事・ブログの作業を行うときに使用するのですが、マウスがあることによりさらに作業効率を上げることが出来るのです!

本日はサラリーマンである僕が今まで愛用してきたマウス達を紹介しましょう!

 

 

マイクロソフト マウス3500

初めて購入したマウス「マイクロソフト マウス3500」。これが1番使ってたんじゃないかな〜と思う

価格も2,000円ほどの低価格で、使い勝手非常にいいのだ

読者の方も僕の記事を見て購入してくれている方もいるほど!

型式は決して新しいものではないが、あれこれボタンがついているマウスよりはかなりシンプルなのでオススメのひとつだ

 

 

 

BUFFALO Bluetooth3.0対応 BlueLEDマウス

Macとマウスを組み合わせて使っていくうちにマウスに対して少し欲が出てきました

そうです。ボタンが多いマウスに興味を持ち始めたのです

マイクロソフト マウス3500の次に購入したのだが、BUFFALOのマウス。こちらの製品は既に発売が終了しているようで、現在は購入することが出来ない

 

失敗談としてはこのマウス。Webブラウジング時に使える「進む/戻る」ボタンがあるのだが、Macに対応してないのです・・・

わりと早くマイクロソフト マウス3500に戻ってしまった記憶があります

 

 

Microsoft Mouse 3600

マイクロソフト マウス 3500を何年も使っているうちにかなりガタガタになってきたので購入したのが、こちらのマウス「Microsoft Mouse 3600」だ

YouTuber瀬戸さんに影響され購入。3500と進化版でBluetooth接続の受信機がなくてもMacのBluetoothとカンタンに接続することができるのだ

このマウスは特に不満なく普通に使うことができた。今までMacのUSBに装着していた専用Bluetooth受信機も必用無くなったので個人的にはかなり満足なマウスでした

 

ロジクール「MX Master 2S」

現在絶賛愛用中のマウス「MX Master 2S」!

先程まで紹介したマウスはどれもいいものではあったのだが、共通して問題点がひとつあった

それは使う場所を選ぶことだ

作業デスクによっては全くマウスが反応しないのだ。なのでマウスパッドが必須となってしまう

それに比べて「MX Master 2S」は少し高価なマウスではあるが、作業デスクを決して選ぶこと無く作業をすることが出来るのだ

絨毯の上だって反応するマウスなんだから、すごすぎる!

今では15インチと一緒でどこにいくにも常に持ち歩いているマウスだ

 

まとめ

どうだったろうか?マウス自体はそんなに買い換えているつもりは無いが、自分が納得するマウスに出会うまで失敗した買い物もあり、今に至っている

自分に本当に適したデバイスやガジェットに出会うのは本当に難しいが、あれこれ使って「これだ!」と思うものに出会えたらそれは本当に素晴らしいことなんじゃないだろうか

 

Sponsored Links