部屋が狭いとブログで使う写真は、iPhone 13 Pro で撮影する方が活躍する件

部屋が狭いとブログで使う写真は、iPhone 13 Pro で撮影する方が活躍する件

ブログで使う写真って何で撮影していますか?

一眼レフ?ミラーレス一眼??スマホ???

ぼくは、メイン機を FUJIFILM X-S10。サブ機として iPhone 13 Pro を使っている。ブログ写真で使うそのほとんどの写真を、FUJIFILM X-S10 で撮影しているものの

iPhone 13 Pro を使わなざるえないときもある。理由としては単純に2つあって・・・

  • 部屋が狭い(自室が4.5畳)
  • FUJIFILM X-S10 のレンズはひとつしか持っていない(35mm F1.4 Rのみ)

なので被写体のサイズが大きいと、FUJIFILM X-S10 を使うよりは、iPhone 13 Pro の方が使いまわしがいいし思い通りの写真を撮影することができる

本日は、「部屋が狭いとブログで使う写真は、iPhone 13 Pro で撮影する方がいいのではないか?についてツラツラと語っていく

ではいってみよう!

iPhone 13 Pro の画角ってご存知ですか?

iPhone 13 Pro の画角ってご存知ですか?

iPhone の画角ってなんていうか”ちょうどいい”んですよね

被写体の収まりがいいし、申し分ないくらいに広角だし、カメラレンズも明るいんです

ちなみに、iPhone 13 Pro に搭載されているレンズの画角ってどのくらいあるかご存知ですか?

iPhone 13 Pro カメラ
  • 超広角カメラ:35mm版換算 約13mm F1.8
  • 広角カメラ:35mm版換算 約26mm F1.5
  • 望遠カメラ:35mm版換算 約77mm F2,8

4.5畳のぼくの部屋だと広角カメラぐらいの画角がちょうど収まるんですよねー

部屋の隅っこからデスク全体を撮影した比較

※左|FUJIFILM X-S10 + FUJIFILM XF 35mm F1.4 R
※右|iPhone 13 Pro 広角カメラ:35mm版換算 約26mm F1.5

自室の角からデスク全体が入るように、FUJIFILM X-S10 + FUJIFILM XF 35mm F1.4 R と iPhone 13 Pro で撮影しました

当然と言えば当然だけど、iPhone の方が広く撮影は出来ている

FUJIFILM X-S10 では、エルゴヒューマンプロ が言えないのに、iPhone 13 Pro ではちゃんと エルゴヒューマンプロまで入っている

これだけ広く・キレイに撮影ができるのであれば、わざわざ FUJIFILM X-S10 + FUJIFILM XF 35mm F1.4 R で撮影することもないかなーと思う

FUJIFILM X-S10 のレンズを追加購入しないのか!?

画角のことを考えないで、写真の色合いや出来上がりとしては、FUJIFILM X-S10 と iPhone 13 Pro で比べたときに正直に FUJIFILM X-S10 の方が好き

なので、ぼくとしてブログ写真を最高に満足のいく形で撮影するのには、広角レンズを購入すれば話が完結するのである

ただカメラレンズにめちゃくちゃ詳しいわけではないので、どの広角レンズにすればいいのか迷っている

レンズも安いわけじゃないし。失敗したくないので、かなり慎重になっている

もしオススメのレンズがあれば教えてほしい

レンズはしばらく購入しないので、iPhone 13 Pro での広角カメラをうまく使っていきたい

レンズはしばらく購入しないので、iPhone 13 Pro での広角カメラをうまく使っていきたい

狭い部屋でのブログ写真撮影は、iPhone で撮影するほうが活躍するんじゃないか?というお話でした

ミラーレス一眼もiPhoneもお互いイイところがあるので、ケースバイケースで使い分けていきたいです。被写体サイズが小さいモノは、FUJIFILM X-S10、被写体が大きいモノは、iPhone 広角カメラを使うという感じにしていきます

FUJIFILMのレンズを新たに購入すれば運用は変わる可能性がありますが、今のところ他に欲しいモノがあるので保留。それぞれのいいところをうまく使っていきます

では本日はこのへんで

最後までお読みいただきありがとうございます

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links