修理完了!?Apple Watchの交換品が届いたお話

先日、「Apple Watchがハマグリに!?バッテリー膨張してる」でも紹介したように購入当初から買い替えないで大事に使っていた初代Apple Watchのバッテリーが膨張した

新しいApple Watchに買い換えるか?別のスマートウオッチを購入するのか?それとも修理にするか?と悩んだあげく、お金が1番かからなそうな方法として修理を選択した

Apple Watchを修理に出してから約1週間。つい先ほどAppleから送られてきたので報告も兼ねて記事にしときたい

 

無いければ無いで困るApple Watch

修理期間は1週間ほど聞いてたので「それぐらいなら」と思いApple Watchの代わりの腕時計をつけること無く仕事をしていた

なんか仕事がやりづらい・・・そう思ったのはApple Watchを修理センターに送った1日目からだった

仕事の通知をApple Watchに集約していたせいで仕事の生産性が著しく低下。非常に業務が行いづらかったのだ

今の僕にはApple Watchなしの生活は既に考えられない環境となっていたのだ。この1週間は本当に何をするにも生産性が下がっている気がしてならなかった

 

到着したApple Watch

話が少しそれてしまったが本題に戻ろう

これがAppleから送られてきたダンボールだ。思ってたよりかなり小さいサイズのダンボールだ

 

ダンボールを開封すると中にはWATCHと記載されている箱が入っている

Apple製品の開封レビューじゃないのに、似たような高揚感を覚えるのは僕だけだろうか?

不思議とワクワクする自分がいる

 

このApple Watchのパッケージは見たことがないが、修理交換品を送るときの専用のパッケージなのだろうか?

 

ワクワクしながら開封するとWATCHの文字が顔をだす

内容は今回の修理に関しての記述が記されていた

ちなみにApple製品を購入すると当たり前のように付属するAppleのロゴステッカーは入ってない(少し残念)

 

こちらが修理に関しての内容だ

今回、僕のApple Watchは修理内容としては「交換が必要と判断されたので交換品を送ります」とのことだ

つまり修理というよりは新品?のApple Watchを交換品として送ってきてくれたようだ

 

修理内容書の下には交換品として送られてきたApple Watchが入っていた

ん〜新品にしかみえないな〜

 

交換品ってことはバッテリーも全て新しくなっているということだ!これは嬉しい!

少しバッテリーが弱くなっている気がしたのでちょうどよかったかもしれない

 

いつものバンドを装着し、Apple Watchを起動させる

Apple WatchのディスプレイにAppleのロゴが表示され動作も問題はなさそうだ

現在、バックアップから復元中だ。修理に出す前のApple Watchのデータを復元している

 

修理代金は発生しなかった

修理に出す前に1番心配していた修理代金なのだが、今回の件に関しては修理代金(交換代金?)は発生しなかった

もともとはバッテリー膨張が原因だったのでバッテリー交換費用の8,800円は覚悟していたのだが、まさかの無料交換だった

以前の記事にも乗せているが、Apple担当者の「0円で修理ができるかも!」ってのは意外と信憑性が高いものなんだな〜と思った

 

注意点

最後にひとつだけ注意というかご理解いただきたいことがある

今回、僕の愛用している初代Apple Watchを修理にだすと無料で交換品が送られてきて僕は「ラッキー!」ぐらい思っている

しかし、今回の対応をAppleが全員に対して行っているわけではないということをご理解いただきたい!

もしかしたら僕と同じような症状のApple Watchを修理にだすと修理代金がとられた!ってことになるかもしれないので注意してほしい

ただ今回、Apple Watchが故障して思ったことは新しく買い換えるより、まず修理に出してみる!修理見積もりをもらう!

これが1番いい方法なんじゃないかな〜と僕は思う

SPONSORED LINK