iPhone!「iOS11」のカメラ設定でフォーマットは「互換性優先」がいいと思った件!!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

MacのOSを最新の「macOS High Sierra」にアップデートを行い、iPhoneを接続すると何やらiPhoneのカメラ設定が「高効率」というものになった

気にしないでiPhoneで何枚か撮影したのだが、ひとつ問題が発生し、僕は「高効率」の設定ではダメだ!となった

なので現在は「互換性優先」の設定になっている

なぜ、「高効率」ではダメだったのか?を紹介したい

スポンサーリンク

そもそもカメラ・フォーマット「高効率」設定とは?

iPhoneの「設定」→「カメラ」→「フォーマット」を選択すると上記のような画面になる

ここで「高効率」か「互換性優先」を選択できるわけだ

ちなみに今までは「互換性優先」だったのだが、「高効率」にすると何がいいのか簡単に紹介しよう!

・「互換性優先」よりファイルサイズが小さい

・ファイルサイズが小さくても「互換性優先」とさほど差を感じるほど画質に違いがない

・ファイスサイズが小さいのiPhoneの容量を食いづらい

これだけ見ると良いことばかりです

ちなみに「高効率」に設定すると写真はJPEGで保存はされずにHEICで保存がされる。MacにAirDropでHEICの写真を送信するとちゃんとJPEGになったりもするので使い勝手はそんなに悪くはないのだが・・・

iPhoneに「HEIC」で保存されるのが問題

HIRAMAのひとりごと
好きなことを好きなときに発信している
ブログ「HIRAMAのひとりごと」の管理人です。
ブログURL➡︎https://hirama1406.com
LINE blogでは主に日常的なことを発信していきたいと思います!!よろしくお願いします♪

何がそんなに問題なのか?というと僕は現在、当ブログの他にほぼ雑談ブログ、LINEブログも書いている

そこでiPhoneで撮影した写真を使うことが多いのだが・・・問題が発生するのだ

「HEIC」で保存された写真はそのままLINEブログでは使えないのだ!!

LINEブログではJPEGでないとそのまま写真をブログで使用が出来ないのだ・・・

なのでiPhoneで撮影してそのままLINEブログに掲載することが不可能なのだ。なんて落とし穴なんだ「高効率」・・・

ってなこともあり、別にiPhoneの容量に困っているわけでもないので僕のiPhoneの設定は「互換性優先」になっている

「iOS 11」で新たに追加された「高効率」設定ではあるが、必ずしもユーザーにiPhoneの使い勝手の向上をしてくれるものではない!

どんな機能なのかをしっかり把握して自分の使いやすいiPhoneに昇華していこう!

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう