14インチ MacBook Pro を購入したら会社から貸与されているMacを全く使わなくなってしまった件

14インチ MacBook Pro を購入したら会社から貸与されているMacを全く使わなくなってしまった件

日頃から 14インチ MacBook Pro 2021 を愛用している。ブログ作業も仕事もこれ1台だ

会社から 16インチ MacBook Pro 2019 を貸与されているけど、14インチ MacBook Pro を購入したあとでは、ほとんど触れることさえ無くなった

業務のために会社がMacを用意してくれるのは良いんだけど、自分が持っているMacの方が優秀となると、どうしてもそっちを使ってしまう

会社から貸与されている 16インチ MacBook Pro 2019

会社から貸与されている 16インチ MacBook Pro 2019 のスペックは下記のとおり

  • 第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ
  • AMD Radeon Pro 5500M(4GB GDDR6メ‍モ‍リ搭載)
  • 16GB 2,666MHz DDR4メモリ
  • 1TB SSDストレージ
  • JISキーボード
  • スペースグレイ

まだまだ現役で使えるスペック。だけど、14インチ MacBook Pro を使い比べたときに個人的にはどうしても 16インチより14インチに軍配があがったので 14インチ MacBook Pro をメイン機として使っている

会社からMacを貸与されている理由

そもそも会社からMacを貸与されている理由がある。この理由はたったひとつだけなんだけど・・・

会社オフィスのWi-Fiを使うため

はい

これだけの理由です

別に会社のMacに重要なデータとか専用システムが入っているとか、そういうわけじゃなくて会社オフィスのWi-Fiに接続できるのが会社から支給されるパソコンだけという理由で貸与されている

なので、現在テレワークをしているぼくにとっては全く貸与されている16インチ MacBook Pro は全く必要ないと言ってもいい

16インチ MacBook Pro からの買い替えを相談したけどNGでした

テレワークをしていると言っても将来もしかしたらオフィス勤務になるかもしれないだろう。そうなると必然的に会社から貸与されたMacで作業をすることになる(Wi-Fiが使えないから)

なので、16インチ MacBook Pro から 14インチ MacBook Pro への買い替えを相談したんだけど、結果はNGとなった

「MacからMacに買い換える意味があるの?」なんて言われる始末だ。どんなに説明しても回答は一緒。Macを貸与してくれるわりには話を聞いてくれないところは聞いてくれない

14インチ MacBook Pro を購入したら会社から貸与されているMacを全く使わなくなってしまった件

14インチ MacBook Pro を購入したら会社から貸与されているMacを全く使わなくなってしまった件

14インチ MacBook Pro を購入しても、黙って会社から貸与された 16インチ MacBook Pro を使えばいいのだが、どうしても性能が高い Mac で仕事をしたほうが効率がいい

両方使ってみて違いがわからないのであればいいんだけど、14インチと16インチは体感的に違いがわかってしまう

  1. 動画の書き出し
  2. 操作をしていて引っかかりがない
  3. 重たい処理をしても本体が熱を持たない
  4. ファンの音が全くしない

動画の書き出し

本業で動画作成をすることがあるんだけど、この書き出し速度が14インチと16インチで比べた場合、圧倒的に14インチ MacBook Pro の方が早い

書き出し速度が早いということは他の作業にも時間が使えるので、とても効率的なのだ

操作をしていて引っかかりがない

16インチ MacBook Pro 2019 で作業をしているときにアプリの起動が遅かったり、ファイルが開くのが遅かったりすることがあるが、14インチ MacBook Pro は全くもってそんなことが起きない

操作をしていてもスムーズに動いてくれるのだ。ちょっとした数秒かもしれないが、作業をしていてとても気持ちいい

重たい処理をしていても本体が熱を持たない

3DCGソフト「Blender」を使って動画制作や Final Cut Pro で長時間の動画作成をしても、16インチほどの熱は14インチは持たないのだ

ほのかに暖かい程度にしか熱をもたない。これが 16インチ MacBook Pro だとホッカイロになるぐらいの熱を持ってしまう

14インチ は重たい処理をしてもそんなに熱を持たないので動作が重くなることもない

ファンの音が全くしない

16インチ MacBook Pro 2019 だと作業中は常にヒュンヒュンに回っていたファンが、14インチ MacBook Pro だとファンの音がしない

ファンの音がしないというよりは、そもそもファンが回ってないのだろう。ファンを回すほど本体も熱くならないと言ってもいい

作業をしていてもMacからファンの音がしないのは意外と快適だ

業務効率のことを考えると 14インチ MacBook Pro 2021 一択となる

  • 会社用 16インチ MacBook Pro 2019 は会社オフィスのWi-Fiを使うため
  • 14インチ MacBook Pro 2021 の方が性能が高い

このことから業務効率的にもテレワークをしている ぼくにとっては、貸与されている16インチ MacBook Pro を使うよりは、14インチ MacBook Pro を使う方が使い勝手がいい(当たり前か)

「仕事用とブログ用で2台使い分けろよ!」

という意見があると思うが、”会社オフィスのWi-Fiを使うためだけMac”と考えたらいちいちMacを使い分けるのは時間の無駄なんですよね

クラムシェルモードもいちいちケーブルの接続しなおさなきゃいけないし・・・

会社用 16インチ MacBook Pro はインテリア・緊急時用

テレワークをしている間は、会社から貸与されている 16インチ MacBook Pro 2019 はインテリアとして縦置き保管。そして、何かしらの理由で 14インチ MacBook Pro 2021 が故障したときのために大切に保管しておきます

保管といっても押入れに封印するのでなく、すぐ手の届く範囲に置いておきます

仕事用とプライベート用が両方ともMacの人ってどうやって使い分けてるの?

こんな感じで、14インチ MacBook Pro 2021 を購入したら会社から貸与されている16インチ MacBook Pro は使わなくなりました!というお話でした

以前まではちゃんと仕事用とプライベート用のMacとして使わい分けていたんだけど、仕事用のMacがある意味が”会社オフィスのWi-Fiを使うためだけ”と聞くとテレワークしてたら関係ないじゃん!ってなるんですよね

仕事用とプライベート用が両方ともMacの人ってどうやって使い分けているのでしょうか?よかったら教えて下さいね

ぼくはMacは1台でいいと思っている人間なので、使い分けの魅力が知りたい

では本日はこのへんで

最後までお読みいただきありがとうございます!

また明日の記事でお会いしましょう

Sponsored Links