SoundPEATSから完全なケーブルレスなイヤホン!Q16がきたー!!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

SoundPEATSから完全なケーブルレスイヤホンが登場したので紹介したいと思います。

iPhone7はイヤホンジャックがないのでBluetoothイヤホンを探している方にとっては選択肢のひとつなるイヤホンになりますよ!!

ワイヤレス イヤホン Q16

f73a354d-76b9-4f8f-81cd-f8236f0d3f76

商品特徴

◯【ワイヤレスイヤホン】ケーブルがなくて、服とのノイズや断線に心配が要りません。かつ本製品は一人や二人も同時に使用でき、最大距離は10メートル(障害なし)で、恋人同士や友達同士に音楽を自由に体験できます。

◯【Bluetooth 4.2と高音質 AAC コーデック対応】最新のBluetooth 4.2バージョンを用いて、より簡単、速くスマホ、タブレットなどのデバイスと接続できます。AAC 高音質コーデックと CVC6.0 ノイズキャンセル機能を搭載し、音楽をより美しく忠実に再生でき、クリアな通話を実現できます。

◯【抜群のフィット感】軽量かつコンパクトな設計と、柔軟なイヤーフック、サイズの調整可能で、耳の上部にひっかける独特のフックがあり、イヤホンを耳にしっかり固定でき、ケーブルがないので、多くの場合に適用、イヤーピースも3セットあるので自分にぴったり合うのが見つけられます。

◯【大容量のバッテリー】 1回の充電はわずか2時間、最大6時間の連続音楽再生、180時間の待ち受けが可能です。通勤通学にご使用いただいても、充分なスタミナを確保。バッテリー不足を心配せず、長時間安心してご使用いただけます。iOS機器(Apple社製品、iPhoneやiPad、iPodなど)では、バッテリー残量も確認できます。

パッケージ内容

◯SoundPEATS Q16 Bluetooth イヤホン本体
◯イヤーピース
◯キャリングポーチ
◯USB充電ケーブル
◯取扱説明書
◯お買い上日より12ヶ月の保証期間がついております。

いざ開封!!

ではさっそく中身を見ていきましょう!

箱の外観に関しては上記写真なのですが、今回のSoundPEATSは一味違うんです。

なんかこう高級感が若干高まっております。

e5bbabef-e8e8-4391-947f-ca03d2cdac8a

箱の質感がいつも違うのです。

この箱の裏のシールも心なしかSoundPEATSのロゴがゴールド仕様となっております。

 

063ff38c-a5dd-4a5f-9bac-4f2f206fd855

箱を開けるといつも通りのケースが顔を出します。

久々にSoundPEATSの開封レビューを行なってますが、このケースが何気に嬉しいでよね!

 

76018cce-25ff-4766-b285-948ab9947558

雑な写真ですが、同じみのイヤーピースが付属してきます。

 

45ca27ed-cc92-4994-afdb-b6ed2748176b

充電ケーブルですが、毎度ついてくる充電ケーブルとこれも様子が違います。

そうです。

二股になっているんです。

 

fdf6907f-a1b8-40c9-ae1a-4d20aa066912

充電ケーブルの全体像です。

ひとつのUSBから二股でMicroUSBがでてきています。

 

57379717-b710-47da-af0e-58be5514f17f

さぁ〜これがメインの本体でございます。

ケーブルレスということでもぅこれだけでございます。

 

047d811a-1693-4b2b-8156-946705d7b157

それぞれに電源のON-OFFのスイッチがあります。

ペアリングを行いたい時は右イヤホンの電源ボタンを長押しです。

 

653e90cf-6bad-4ca8-ac21-2d5533e76448

充電ケーブルが二股だったのでお気づきでしょう。

そうです。

充電する際は両方充電しなければなりません。

 

7f23fbd0-ab1e-44f5-9874-fe05dfb81ea5

耳掛けがついているのでそうそうに落ちちゃうこともなさそですね。

逆に耳掛けが付いているのでサイズ感を気にする人はいるかもしれません。

 

実際に使って「良い」と思ったこと!!

やはり完全なケーブルレスというのはメリットです。

Bluetoothイヤホンと言えどイヤホン同士はケーブルで繋がっていることがあるのでこれはかなりのメリットですね!わずわらしさがありません。

さらにイヤホン同士がケーブルレスなので嫁さんと2人でイヤホンを片方ずつ使い同じ曲を聞くことも出来ます。

 

これはちょっと・・・と思うこと!

まず充電ケーブルが二股になっているとは言えイヤホンを両方充電するのは面倒くさいです。

そして電源OFFにする際はどちらかのイヤホンをOFFにすると両方共OFFになるのですが、電源ONにする場合は両方のイヤホンをONにする必要があります。これはもっとどうにかしてほしかった・・・

まとめ

価格は2016年11月30日で約5,000円ほど。

ケーブルレスにしてはそれなり安価です。

しかし、使い手を選ぶようなイヤホンなのは間違いないですね。

少なくとも僕は使いづらさのほうが強かったのでどういう用途で使うか考え中です。

片方だけ使うほうがもしかしたら一番いい使い勝手かも・・・

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA