【レビュー】最大65W出力できるコンパクトな充電器「CIO LilNob CIO-G65W2C1A」を購入しました

先日「気づいたらガジェットポーチがパンパンになってしまった!?整理するために中身を晒します」でもダラダラと語ったんだけど、ガジェットポーチの中身を軽量化しようと思い新たに充電器を購入しました

“コンパクトな充電器”

を探し回りました。現状だと「CIO LilNob CIO-G65W2C1A」がベストだと判断しました

本日は「CIO LilNob CIO-G65W2C1A」をサクッとレビューしていきます

ではいってみよう!

CIO LilNob CIO-G65W2C1A

CIO LilNob CIO-G65W2C1Aは、次世代半導体GaNを採用した充電器だ

小型ながら最大65Wの出力もできるので、出張先で 14インチ MacBook Pro を充電するのには十分だ

多少分散はしてしまうものの 全部3ポートあるのも嬉しい

少し使ってみて「良かった点」と「残念な点」をまとめてみた

良かった点
  • 140gの超軽量
  • サイズがコンパクトなので持ち運びに邪魔にならない
  • 14インチ MacBook Pro をちゃんと充電できる
  • コンセントプラグが折りたためる
残念な点
  • 壁面にあるコンセントに使うと充電器本体が飛び出ている感じが否めない(不格好)

全体的には満足している

コンパクトな充電器でちゃんと14インチ MacBook Pro が充電できればそれでいい。ただ壁面のコンセントで使うと見た目が不格好すぎて少し気になる。間違って足とか引っ掛けそうだ

CIO LilNob CIO-G65W2C1A を開封

「CIO LilNob CIO-G65W2C1A」を箱から出してみるとそのサイズに驚かされた。めちゃくちゃ小さい。これ大丈夫なのか?と不安になるぐらい小さいのだ

ちなみに中身は下記のとおり

  • CIO LilNob CIO-G65W2C1A 本体
  • ユーザーマニュアル

製品が充電器なだけに中身もシンプルだ

手のひらサイズ感がヤバい

とりあえず手に持ってみたけど、とにかく小さい(何回小さいって言うんだ・・・)

手で包み隠せそうなくらい小さいのだ

正直 MacBook Pro 付属する充電器もこのぐらいのサイズ感にしてほしい

サイズ比較をしておく!

毎度おなじみの iPhone 13 Pro と並べてみました

どうでしょうか?

かなりサイズが小さいことが伝わったのではないでしょうか。このぐらいサイズならガジェットポーチだけじゃなくてカバンのちょっとしたスペースに忍ばせてもいいですよね

本体の寸法は、6.6 × 3 × 4.1 cm です

3ポート搭載

こんなにコンパクトサイズなのにも関わらず「CIO LilNob CIO-G65W2C1A」は3ポートを搭載している。USB-C1 だけ利用すれば最大65Wの出力だが、USB-C2やUSB-Aを同時に使うとUSB-C1は45Wになってしまうがそれでも十分すぎるくらいの出力がある

折りたたみ式のコンセントプラグはナイス!

コンセントプラグが折りたたみ式はなのはいいですよね

ガジェットポーチに入れててもケーブルなどに引っかからないのでいいです。コンセントプラグが折りたためることによって、さらに「CIO LilNob CIO-G65W2C1A」が小さく見えます

持ち運びするのが楽しくなる充電器です

こんな感じで「CIO LilNob CIO-G65W2C1A」のレビューを終えたいと思う

Amazonで購入して「小さい充電器だな〜」とは思っていましたが実際に手にとると、「こんなに小さいのか!?」と驚くほどでした

これぐらいコンパクトサイズだと外出先で、14インチ MacBook Pro を充電するのが楽しくなってしまいますね

今はコロナウイルスが感染拡大しているので、数ヶ月は出張に行くということはないでしょうが、持ち運びするのが楽しくなる充電器なのは間違いないです

では本日はこのへんで

最後までお読みいただきありがとうございます

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links