iOS13/iPad OSのマウス対応について使い勝手を考えてみる

先日、WWDC 2019が行われた。Apple製品は大好きなので一応内容はチェックをするのだが特に今年は当ブログで何も取り上げていなかったので今さらではあるが、個人的に気になっていることを語っていきたい

今年の秋に一般公開予定のiOS13/iPadOS。今までiPhoneとiPadはiOSという区分になっていたのだが、今年からiPadOSという新しいOSが登場する

iOS13/iPadOSで追加された数多くある機能のひとつ。「マウス対応」に関して語る

 

iOS13/iPadOSのマウス対応

iOS13/iPadOSがマウス対応するってことはiPadがまたひとつMacに近い存在になったということ?

ただよく見ると「アクセシビリティ機能」のひとつとしてマウスに対応するということのようだ

なのでiPadでMacのような操作が出来るわけではない。タッチパネルのとこをただマウスで操作しているだけということになる

これが便利なのかどうか機能が搭載されてから各々の判断となるが、「iPadをマウスで使う」ということを考えている方はiPadを仕事道具として使っているユーザーだろう

 

キーボードとの組み合わせなら便利かも

僕のようにiPadをアウトプットをするために利用しているユーザーにとってはアクセシビリティ機能だとしてもマウス対応は嬉しいだろう

キーボードのショートカットである程度は操作出来るものの、やはりディスプレイをタッチしての操作やApple Pencilを利用した操作がある

「こういうときにマウスがあったらな〜」と思うこともあるのでiPadでただマウスが使えるだけってだけでも十分価値はあるだろう

 

いつの日か仕事内容によってはMacじゃなくてiPadだけでは完結できる!?

既にiPadを利用して仕事をしている方は大勢いると思うが、iPadだけで仕事を完全に完結することは僕は出来ないと思っている

自宅や職場なりMacやWindowsがあってその延長線上でiPadを仕事で使っているイメージだ

今回のマウス対応ってだけではiPadだけで仕事が完結するようには、ならないがマウスが対応するだけでiPadにさらに興味を持つユーザーは増えるはず

マウス対応が理由にiPadを購入するユーザーも少なくないだろう

いつの日か仕事によってはiPadだけで仕事が完結してしまうような職種もどんどん増えるのではないだろうか

Sponsored Links

カテゴリー