ワイモバイル!「Android One X1」を6月下旬以降に発売開始!!

こんにちは!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

2017年5月31日ワイモバイルで大人気Android Oneシリーズに新たに2017年6月以降に「Android One X1」が新発売することを発表した

ついにFeliCa対応

最近のワイモバイルスマホには搭載されて来なかったFeliCa対応(おサイフケータイ)がついに対応した機種が発売される

FeliCa対応しなくてワイモバイルを諦めていたユーザーに取っては嬉しい情報となる

 

Googleアシスタントが対応

2017年5月29日から順次対応予定の「Googleアシスタント」が「Android One X1」なら購入日からいきなり利用が可能となる

Google新サービス「Googleアシスタント」をいち早く体験することができるのだ

 

主な特徴

今までのAndroid Oneシリーズの中でもかなり高スペックな機種となる今回の「Android one X1」主な特徴が3つあるので紹介しよう

 

余計なアプリが入っていない

Android Oneシリーズ最大の特徴なのだが、余計なアプリが一切プリインストールされていないのだ

純粋なGoogleアプリのみで構成されているので今までAndroid Oneシリーズを使っているユーザーやこれから初めて使うユーザーにもわかりやすい仕様になっている

 

大画面、バッテリーの持ちがいい

今までのAndroid Oneシリーズはすべて5インチサイズのディスプレイだったのだが、「Android One X1」はなんと5.3インチサイズとなるので少しサイズアップした

たった0.3インチと思うかもしれないが、この0.3インチがさらにディスプレイの見やすさを提供してくれる

バッテリーも3,900mAhと大容量バッテリーとなっている

 

カメラの画素数アップ

Android Oneシリーズで最大のカメラ画素数を誇る1,640万画素、さらにシャープ制なので撮影した写真がちゃんとキレイに見ることができるのも魅力のひとつだ

サブカメラも広角レンズを採用するなど抜け目がない仕様となっている

 

気になるのは「USB Type-C™」の充電

ここで気になるのは「USB Type-C™」を採用している点だ

たしかに最近のXperiaにも当たり前のように採用されている「USB Type-C™」なのだが、ワイモバイルのような格安スマホブランドに果たして「USB Type-C™」搭載スマホ必要だったのか?は謎が残る

少しでもスマホの月額料金を下げるためにワイモバイルスマホにするのに「MicroUSB」ならその辺でも販売されているし安価

「USB Type-C™」だと今まで使っていた「MicroUSB」も使えなければ拡張性も微妙なところだ

とりあえずは「Android One X1」を購入すれば本体に「USB Type-C™」が付属していることを切に願うのみだ

 

スペック

最大通信速度(下り/上り) 187.5Mbps/37.5Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約74×152×8.9mm(突起部を除く)/約169g
連続通話時間/
連続待受時間
W-CDMA網 約1,500分/約885時間
GSM網 約1,070分/約745時間
FDD-LTE網 約1,110分/約710時間
AXGP網 -/約680時間
ディスプレー 約5.3インチフルHD(1,920×1,080ドット)
IGZO(最大1,677万色)
モバイルカメラ
(画素数/タイプ)
メイン 有効画素数約1,640万画素/CMOS
サブ 有効画素数約800万画素/CMOS
防水/防じん IPX5、IPX8/IP6X
Bluetooth® Ver.4.2
外部メモリー/推奨容量 microSDXCカード(別売)/最大256GB
内蔵メモリー ROM 32GB
RAM 3GB
CPU(クロック数/チップ) オクタコア(1.4GHz×4 + 1.1GHz×4)/MSM8940
電池容量 3,900mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
OS Android™ 7.1 Nougat
カラーバリエーション ダークパープル、ホワイト、ミントグリーン

まとめ

現行のAndroid Oneシリーズよりはハイスペックな「Android One X1」ではあるが、まだ価格がでてないのが気になるところ

ただおサイフケータイが欲しいとなるちお「X1」一択となると思うのでぜひ価格はワイモバイルらしく抑えて欲しいものですね

Sponsored Links