WordPressテーマ「STORK」がパワーアップ!?「STORK19」が登場している

皆さんWordPressテーマは何を使っていますか?

無料、有料テーマと数え切れないほどあるWordPressテーマ。自分にあったテーマに出会うのも一苦労だと思います

僕が現在利用しているのは「STORK」というテーマです。一時期高機能な「DIVER」というテーマも使っていたのですが、個人ブログサイトなら「STORK」かな〜といった感じです(「DIVER」は会社HPで利用しています)

さてその絶賛愛用中の「STORK」なのですが、なんとパワーアップしているじゃないですか??

「STORK19」という名でSTORKのデザインはそのままでいろいろとパワーアップしたようですよ!

 

「STORK19」の特徴

「STORK」愛用者として新しい「STORK19」は気になるところ!サポートも丁寧だし安心して使えるのでずっと使ってきました

ただ「STORK」から「STORK19」で何が変わったのか?と気になるとこもあるはず!

簡単に「STORK19」の特徴を紹介する

基本的なデザインは変わってない

見てください。「STORK」を利用しているユーザーなら見慣れた感はあるのではないでしょうか?

そうです。基本的なデザインは「STORK」から何も変わっていないのです。これは嬉しいですね〜

 

表示速度が改善されている

当初「STORK」を使い始めた頃、ネットで見かける情報と言えば「STORKは表示速度が遅い!」的な記事を見かけることが多かった。プラグイン等で対応しようという情報もあったが、それも必要なくなりそうだ

「STORK19」は表示速度が改善されているとのことだ

 

ピックアップコンテンツが良さそう!

以前の「STORK」はスライダー機能がありました。今回の「STORK19」に関してはスライダー機能はそのままで追加でピックアップコンテンツが追加できるんです!4つまで追加可能なピックアップコンテンツ。おすすめのカテゴリーや記事を掲載したいですね〜

 

関連記事の変わりにGoogle AdSense「関連コンテンツユニット」を設置できる

個人的に結構いいな〜と思っているんですが、「STORK」は記事下に関連記事というのがあって、そのあたりにGoogle AdSenseの「関連コンテンツユニット」を設置していたのですが、「STORK19」になると関連記事の内容をGoogle AdSenseの「関連コンテンツユニット」にしてくれるとのこと!

これは手軽すぎて便利ですよね〜

 

Gutenberg(グーテンベルグ)で装飾が可能に!

WordPress5.0のブロックエディタ「Gutenberg(グーテンベルグ)」。旧エディタの方が使いやすいと思い「Classic Editor」をインストールして利用しているユーザーも少なくないのではないでしょうか?

「STORK19」ならGutenberg(グーテンベルグ)で「ボタン」「テキストマーカー」「補足説明ブロック」などを簡単に追加することが可能だ

この機会にGutenberg(グーテンベルグ)でブログを執筆してもいいかもしれない

 

WordPressブロックエディタが思ってたより使いやすい

 

 

「STORK」よりはパワーアップしているのは確実!?

現状、僕も使っている「STORK」よりは全体的にパワーアップしているイメージだが、「STORK19」はどちらかと言うと新規テーマとして考えた方がいいとのこと(オープンケージに確認しました)

なので、もしかしたら今まで「STORK」を愛用しているユーザーに必ずしも使いやすいとは言い難い可能性がある

だけど…だけど僕は「STORK19」を使いたい!という気持ちが強まっている

「STORK」を愛用しているからこそ、この気持ちになっているのは僕だけじゃないはず!!

 

僕の結論として

はい…

やってしまいましたよ。STORK19をみて「あっ!STORKの最新版なら間違いない!」という気持ちから流れ作業のように購入しました(新しいものに目がない…)

ただまだSTORK19にはしていません。一度ライブプレビューでSTORK19を確認してみたんですが、STORKを使っているからといってそのままレイアウトが引き継がれるわけではなく、全く新しい状態から設定し直す必要があった為です

まーせっかく購入したので時間あるときにでもサクッとSTORK19に切り替えて設定していきます

また使い勝手等わかれば紹介しますね!!

(もしかしたらこの記事が投稿されているタイミングで既にSTORK19かもしれません)

 

Sponsored Links

カテゴリー