素の15インチ MacBook Pro。これもまたいい

15インチ MacBook Proが大好きすぎる!HIRAMA (@hiramarilyouiti)です!!

僕が愛用している15インチは2016年のTouchbarが搭載されたモデル。僕としても初めてのProシリーズ。そして今まで購入したことがない15インチサイズで毎日、大興奮しながら15インチで作業をしています

本日は「素の15インチ MacBook Pro」の素晴らしさをお伝え出来ればと思います

 

15インチをさらに便利にしようとして購入したガジェット達

15インチを購入してからというもの。「これがあったら便利かな」「これさえあればさらに使い勝手が上がる!」「作業効率が上がる為に導入しよう!」など、15インチを購入してからの約1年間で様々なガジェットを導入してきました

どれも15インチと一緒に使用することで最高のパフォーマンスを得ることができ、僕自身も大変満足している

ちなみに15インチと一緒に使用しているガジェットは以下のとおり▼

HHKB Professional BT

MX Master 2S

WH-1000X M2

・外部ディスプレイ

購入したガジェット達は本当に最高なのだが、15インチ自体の良さが多少失われてしまうのではないか?と考えるようになったのだ

 

「素」の15インチ MacBook Pro

僕が言う「素」の15インチ MacBook Proというのは周辺機器を一切使用しないで15インチのみで作業をすること

久々に職場やプライベートで15インチと一緒に使用していたHHKBやロジクールマウスを使わずに15インチのキーボード、Trackpadを利用して作業を行ってみたのだ

今となってはHHKBに慣れきってしまっている僕の指も15インチのキーボードに切り替えたからといって特に打ちづらいと感じること無くタイピングをすることができる

ロジクールのマウス操作にも慣れてしまったが、15インチ独特の大きなTrackpadは僕の作業効率を下げること無く、淡々と業務をこなすことができたのだ

15インチ+周辺機器での作業に慣れてしまっていたが、15インチだけでも十分に作業をこなすことができることを再認識することが出来た

やはり15インチは最高のMacBookなのだ

 

気軽に持ち運びも可能だ

今まで15インチ+周辺機器を当たり前のようにカバンに詰め込み持ち運んでいた。特に重さは気にならず、どこでも最高のパフォーマンスで作業が出来るのであれば全然問題ないと思っていたのだが、「素」の15インチを使ってみよう!ということで15インチのみをカバンに詰め込み出先に行くと「重さ」の感じ方が段違いで変わったのだ

そう、「軽く」感じる。当然、いつも一緒に持ち歩く周辺機器がカバンに入れてないのだから当たり前なのだが、「素」の15インチで作業ができるという喜びがある

 

「こだわり」を大事にしていきたい

15インチ購入当初は嬉しすぎて毎日持ち歩き、どこに行くでも15インチのみで作業をしていた

15インチでの作業に慣れてくると、今度はいかに効率良く15インチを使っていこうか?という悩みから様々な周辺機器を追加していく。どの製品も15インチの能力をさらにアップしてくれるものばかりだ

「15インチを愛用する」。気づけばこれは良くも悪くも僕のこだわりのようなものになっている

なにひとつ文句のつけようがない15インチ MacBook Pro。これからも大事に使っていこうと思う

僕のように15インチ MacBook Proが大好きな方はぜひ当ブログの検索窓から「15インチ」と検索してみると面白い記事があるかも

SPONSORED LINK