連載シリーズ2「真のProとは… 〜家族会議〜」

macbookpro

〜前回のあらすじ〜

長年使ってきた相棒。15インチ MacBook Pro(2016)。買い替えを検討するのもも心の中では最新の「16インチ MacBook Pro」がいいと思いつつも、妻にプレゼンするのが怖い…
冷静に考えてみると、16インチ MacBook Proである必要があるのか
ぼくも妻も納得しつつ仕事に影響がないMacとはいったい?

 

 

妻にはまだ15インチ MacBook Pro(2016)の悩みを伝えていない。伝えることによって、

「15インチ壊れた」➞「仕事で必要」➞「買わなきゃいけない」➞「何を買うの?」

という思考に行きつく。妻の中では、「Mac」=「高額」としか思われていないのだ

なので歴代に購入したiMacやMacBookシリーズのそのほとんどが、新しいMacを購入するとき必ず”下取り”が必須となっていた

 

だが、今ある15インチ MacBook Proは何かと不具合がある。まともに下取りができるハズがない

“下取り”もできないとなると妻から新しいMacの購入する了承得るのは中々至難だろうと判断し、まずはプレゼンプランづくりに力をいれる

 

そもそもMacBookでやること

 

macbookpro

ぼくがMacで”なにを”作業しているのから振り返ってみる

Macで主に作業する内容

・リスティング広告管理
・会社のサイト管理/運営
・ECサイト管理/運営
・LP作成
・YouTubeなどの動画作成
・SNS管理
・プライベートのブログ運営

んっん〜〜〜〜〜

作業内容を見返してみてると、わりと幅ひろい作業をしている。これだとMacBookシリーズで最安のMacBook Airが選択から外れてしまう

どうしても”動画作成”が作業としてあるため、Proシリーズとなる

 

Proシリーズで購入しやすい価格となると….

 

「13インチ MacBook Pro」

 

気持ちは”13インチ MacBook Pro”

macbookpro

13インチ MacBook Proなら価格的にも20万弱。16インチ MacBook Proと比べると10万円しないぐらいの差額で購入することができる

スペックは上記画像でいいかな〜と

今使っている15インチと同じクアッドコアでストレージも512GBある。メモリが少ない気がするが、そんなに同時にアプリをポンポンと起動させないので多分、問題ない

少し心残りなのは、ディスプレイサイズがダウンしてしまうこと

15.4インチ ➞ 13インチなので、見た目からも体感的にも作業スペースが狭くなるのは一目瞭然

ただこのまま15インチを使って動かなくなってしまう前にMacは用意しなければならない

 

心の中で13インチ MacBook Proと決め、妻へプレゼンの決意を決める

 

“妻”との家族会議

「13インチ MacBook Proにしよう!」と心に決めたぼくは、妻に「すごく大事な話がある」と言い、話を聞いてもらった

・今、使っている15インチ MacBook Proが不調なこと

・壊れる前に買い替えたいこと

・13インチ MacBook Proの購入を検討していること

 

普段、妻と話すときはそんなに真面目トーンで話すことはない。だが、このときは仕事でもプライベートでも使うMac(相棒)の大事な話。あまりないガチなトーンなので妻は黙って話を聞いてくれた

ある程度、ぼくから話をしたいことをすべて話をしたあとに妻が、

 

妻:「本当にそれでいいの?」

 

!?

 

「本当にそれでいいの?」というのは、どういう意味だろう。今までにない返答に驚きを隠せないぼく

いったい何が「それでいいの?」なのだろうか?

 

妻が言い放った言葉がまた物語を加速させる

 

次回、連載シリーズ3「真のProとは… 〜妻の想い〜」

近日公開!!

Sponsored Links

カテゴリー