EOS 80DからX100Fへ買い替えてカメラ生活が変わったこと

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

以前に「FUJIFILM X100Fを購入!開封・外観レビュー!!」で記事も出したのだが、愛用していた一眼レフ「EOS 80D」を下取りにだしてFUJIFILM「X100F」を購入した

「EOS 80D」はかなりのお気に入りだったのだが、「X100F」の魅力に魅了され購入に至る

本日は「EOS 80D」を使っていた僕が「X100F」に買い換えて変化したカメラ生活を紹介する

 

 

撮影する回数が増えた

「X100F」へと買い替えて思ったのが、単純に撮影する機会が増えた

「EOS 80D」に比べるとコンパクトサイズなので手軽に持ち運びもでき、愛犬達をよく撮影する。「EOS 80D」のようにガッツリ撮影する!という気構えなく気軽に撮影できるのが嬉しい

個人的には「X100F!1回のシャッターで3種類のフィルムシュミレーションを同時に撮影できる!!」でも紹介したが、「X100F」のフィルムシュミレーションが非常にお気に入りだ

 

 

 

テザー撮影が使えなくなった

「EOS 80D」を使っていた頃は15インチ MacBook Proと接続してブログ用の写真をよくテザー撮影をしていた。撮影するとすぐにMacに写真データが送信されるので重宝していた

これが「X100F」では利用することが出来ない。わかっていたことではあるが、テザー撮影の便利さを知ると少し寂しい感じがする

現在は撮影ボックスを使って撮影するようにしている

 

 

 

カメラを持ち運ぶ頻度が増えた

いざ、カメラで撮影したいときに愛用のカメラがない!なんてことが無いだろうか?

僕は「EOS 80D」を持っているときは、そのパターンが非常に多くパンケーキレンズたるものを購入し「EOS 80D」の軽量化を図った

ただこれだとレンズのみの軽量化で本体の重量に変化がなく、結局「EOS 80D」は主に自宅にいることが多くなってしまった

 

変わって「X100F」はそのコンパクトさからカバンに入れても気にならないサイズ、重量なのでカメラを持ち運ぶ頻度が格段に上がった

今では仕事にいくときでもカバンに忍ばせて、帰宅時にフォトウォークをたまに楽しんでいる

 

まとめ

「EOS 80D」から「X100F」に買い替えて早2ヶ月弱。サイズ感がコンパクトになったことにより僕のカメラ生活はいい方向に変化した

「EOS 80D」もいいのだが、僕には「X100F」が合っている気がする

まーカメラの技術が高いわけではないので、細かい話をすることは出来ないが今のカメラ生活に満足している

「X100F」に買い替えたことで撮影をする楽しさがわかった気がする

 

SPONSORED LINK