【レビュー】「かわるビジネスリュック」がきたぞ!!〜MacBookPro 15インチを持ち運ぶ為には完璧なリュック〜

こんにちは!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

日々、愛用しているMacBookPro 15インチ(2016)を持ち運ぶ為に苦悩する日々を送っていた▼

MacBook Pro15インチを持ち歩くためのバッグは「かわるビジネスリュック」になりそうだ!
どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!ただいま、15インチを持ち歩くためののバッグをどうしようか検討中なのですが僕の中では3パターンの中から選ぼうとしました▼どのバッグも素晴らしいのですが、仕事でもプライベートでも

散々、悩み尽くした末に辿り着いたのが「かわるビジネスリュック」だったのだ。

僕の中ではかなり気持ちは「かわるビジネスリュック」に傾いていたのだが、例のごとく嫁さんに一言、言われて一時期断念・・・ただ最終的に購入ができたので良しとしよう。

MacBook Pro 15インチを持ち運ぶために「かわるビジネスリュック」をプレゼンしたのだが・・・
どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!今、僕自身すごく悩んでいる問題がある。先日こんな記事を書いた▼そうです。僕の中では「かわるビジネスリュック」一択だったのだ。あとは嫁さんにプレゼンするだけだった。準備も万端で昨
スポンサーリンク

「かわるビジネスリュック」とは?

これだけ見ると普通のリュックのようだが、「かわるビジネスリュック」には特徴がある。

「頻繁に取り出すもの」「あまり使わないもの」を分けて収納することができるのだ。

そうすることによりリュックの中が整理されて必要なものが必要なときのアクセスを早くすることができるリュックだ。

リュックタイプの持ち方以外にも「横持ちビジネススタイル」も気に入っていることからこ数あるリュックの中から「かわるビジネスリュック」を選択した。

ついに到着!!

「かわるビジネスリュック」のサイズ感が動画やレビュー記事を見ててもピーン来なかったので僕の中ではかなり大きなリュックのイメージだったのだが、予想を反して到着したダンボールは小さいイメージが強かった。

最初は「かわるビジネスリュック」ではなく、別の商品が到着したのではないか?と思うぐらいのサイズだった。

開封

少しドキドキしながらダンボール箱を開封する

すると「かわるビジネスリュック」がダンボール箱にピッタリと入っていた。

写真で見てもわかると思うが、結構ギリギリな梱包な気がする。

外観

簡単に外観をみていこうと思う。

これからこの「かわるビジネスリュック」が僕の相棒である「MacBookPro 15インチ」を持ち運ぶのに一役買ってくれるのだ。

大事に使わなければ・・・と思いながら最初のあいさつをする。

足目になにやら取ってが収納されている。

これが噂の「横持ちビジネススタイル」にするための取ってだ。

こんな感じで横持ちで利用することが可能である。

利用シーンによって使い分けることが可能だ。

背面はというこんな感じだ。

割れた腹筋のようなデザインをしているが通気性を良くしているなんかでこのようなデザインらしい。

収納スペース(メインスペース)

「かわるビジネスリュック」の中でも一番の収納スペースだ。

出張時や旅行時に使用する着替えやお土産品等をいれることができる。カメラ三脚も頑張れば入るようだ。

少し写真がわかりづらいかもしれないが、「かわるビジネスリュック」は2階建てのようなリュックだ。

なのでリュック上部にもうひとつ収納スペースを作ることができるだ。

収納スペース(コアポケット)

上記でも少し話したが、「かわるビジネスリュック」は2階建てのようなリュック。

これが2階部分となるコアポケットの出入口だ。

少しサイズ感が小さいので収納するものは限られてくるかと思うが、一眼レフぐらいは余裕で収納できるのでよく利用するものをコアポケットに収納しといて置くとかなり便利に使えるだろう。

収納スペース(パソコン)

僕の中では一番大事なスペース。

そうだ。

MacBookPro15インチを収納するためのスペースだ。

今までの「かわるビジネスリュック」の紹介をみているとパソコンをいれるスペースなんて無いのではないか?と思われがちではあるが、実はこんなとこにある。

リュックの上部にマグネットで装着しているカバーがあるのだが▼

これをゆっくりと外していく。

マグネットは強力ではあるが、移動中に勝手に外れるような強度ではなさそうだ。

そうすると僕のMacBookPro15インチが収納するスペースが登場する。

収納場所としてはリュックの本当に外側に位置する場所がパソコン収納スペースとして設けられている。

ちなみに側面のチャックを開けてみるとiPad 9.7インチを収納するぐらいのスペースがある。

細かい物も入りそうなのでサイズ感をチェックしながらポケットティッシュ等を収納しよう。

数日使用した感想

実はこの「かわるビジネスリュック」。到着してからすでに数日使用しているのだが、想像していたサイズより小柄なので仕事でもプライベートでも大活躍している。

MacBookPro15インチや一眼レフを一緒に持ち歩いてもリュックタイプなのでそんなに重く感じること無く利用できている。

地下鉄、JRだと少し邪魔になるかな?と思いながら「かわるビジネスリュック」を背負いながらドキドキしながら乗り込んだ。

さすがに車両内が混んでいるときに背負っていると邪魔なので床に置いたり手で持つこともあったのだが、スムーズ移動をすることができた。

コアポケットには主に一眼レフを入れていたのだが、いちいち「かわるビジネスリュック」を床に下ろすことなく取り出せるので非常に便利。(これカメラリュックでもいいんじゃね?)と内心思うぐらいだ。

僕みたいなガジェット大好きであれもこれも持ち運びたいユーザーには最高のリュックだと思う。

HIRAMAのひとりごと!

発売からそろそろ1年が経過しようとしている「かわるビジネスリュック」なので今さらなレビューではありますが、実際に「かわるビジネスリュック」を使ってみると中々いいリュックだということに気付かされます。

価格は20,000円ほどなので決して安くない買物ではありますが、長く利用するリュックということを考えれば決して高い買物ではないのでしょうか?

そういえば・・・僕、「ひらくPCバック」や「ひらくPCバックmini」も購入しているな〜なにげにバックが増えていっているのは気のせいだろうか?

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう