またこの時期がきたよ。2020年10月13日にMac版 Office 2016 のサポートが終了する件

またこの時期がきたよ。2020年10月13日にMac版 Office 2016 のサポートが終了する件

頭の隅っこではわかっているんだけど、この時期が来るとわかると一気に謎の疲れが来るんだよな〜

そう。Office 2016 を使っているユーザーよ。2020年10月13日にMicrosoft Office 2016 のメインストリームサポートが終了するぞ

ぼくが現在使っているのが、「Office Home & Student 2016 for Mac」

え〜バリバリのOffice 2016だからどうしようかな〜と…

 

Officeのサポート期限

Officeのサポート期限
※Microsoftのサイトから引用

上記図を見てほしい

Office 2016 のメインストリームサポートが2020年10月13日で終了するでしょ?

そのあとは2025年まで延長サポートが予定されている

Microsoftがいうメインストリームサポートと延長サポートの違いは何なの?と思う人のために少しだけ補足

 

メインストリームサポートと延長サポートの違い

メインストリームサポート
  • 新機能追加
  • セキュリティ更新プログラムサポート
  • セキュリティ関連以外の修正プログラム
  • 無料サポート
  • 有償サポート
延長サポート
  • セキュリティ更新プログラムサポート
  • 無償サポート
  • 有償サポート

延長サポートに入ってもいきなりOffice 2016が使えなくなるわけではない

2020年10月13日以降にOfficeに追加されるであろう新機能は使う為の更新は出来ないが、セキュリティ面の更新は可能なので、そのまま使おうと思えば使えるのだ

 

懸念しているのは、macOS側でサポートしなくなること

Office 2016の延長サポートがあるんだから2025年まで大丈夫じゃん!って思うでしょ?

ぼくが懸念していることが、ひとつあるんだよね〜

2017年9月に、当時の最新OS「macOS 10.13 High Sierra」は、「Office for mac 2011」はサポートしないぜ!という話があってさ

仕事でも使うし買いに行きましたよOffice 2016を。だって使えなくなるかもしれないのは困るもんね

まーけどこのときは、「Office for Mac 2016」を買って幸せでしたよ

起動速度早いし、動きもサクサクと動くし、初めてのOffice買い替えは成功でした

「macOS High Sierra」合わせて「Office for Mac 2011→2016」へ買い替えたお話!

 

Officeを買い換えるかどうかの基準

Office 2016 も2020年10月13日になったからといって、いきなり使えなくなるわけではない

ぼくがOffice 2016 から買い換える基準としては、

  • Office 2016 が次期macOSに対応しなくなった
  • Officeの新機能をどうしても使いたい
  • Office 2016 を使っていて業務に支障がでる

 

このいずれかになったらOfficeを買い替えようと思う。それまでは、まーOffice 2016でもいいかな〜と…

2025年までに切り替えればいいわけだしね

 

次に購入するならどのOffice?

Officeにも買い切り版やサブスク版がある

今までずっと買い切り版を使ってきたが、次にOfficeを買い換えるならサブスクの「Office 365」でいいかな〜と思っている

サブスク版ならOfficeのバージョンも気にしなくていいし、macOSの対応も気にしなくていい

ある意味、1番気を使わなくていいOffice

そしてiPadやOneDriveのストレージを使えるならおトクかな〜と

約3年使うとして、買い切り版だと2万弱。サブスク版だと約3万円弱。この差をどう思うかだよね〜

皆さんはMacに使うOfficeはどうしていますか?

 

 

Sponsored Links

カテゴリー