Apple M1チップを搭載したMacが3種類発表されました

Appleシリコンを搭載したMacが登場しました

2020年11月11日。AppleシリコンことM1チップを搭載したMacが発表されました

今後発売するであろうMacからは、このM1チップが搭載されるであろうって話だ

ぼくの認識だとiPhoneやiPadに搭載れているチップを「Mac用にしたぜ!ヒャホーイ!!」ってぐらい程度だと思っている

intel搭載のMacよりパフォーマンスがいいような話だけど…

まー不安だよね〜

サクッと見ていくよ

 

M1搭載のMacは3種類

今回発表されたM1チップ搭載Macは3種類だ

  • MacBook Air
  • 13インチ MacBook Pro
  • Mac mini

サラッと見た感じだと、今までのMacとデザイン的には何も変化なし

見た目はそのままだ

なので、中身のチップセットだけ変更して販売している感じ

 

 

価格が安くなるような話があったけど…

「Appleシリコンになると、Macの価格が安くなる!」

ような噂を聞いた気がするが、別に安い気がしないんだよな〜

若干は安くなってる?

ちょっと比較出来ないからわからないけど

別に「うっわっ!これ安いじゃん!!」って価格ではないよね

 

ちなみにそれぞれの価格が下記のとおり

  • MacBook Air:104,800円〜
  • 13インチ MacBook Pro:134,800円〜
  • Mac mini:72,800円〜

※上記価格はすべて税抜です

どうよ?

この価格をみて安いと思う??

ぼくは大した変わってないと思う

 

 

バッテリーの持ちがすごく良くなっているのが気になる

数字上の話だけど、「M1チップすげーじゃね?」って思ったのが、ひとつだけある

それはバッテリーの持ちだ

MacBook Air で最大18時間、MacBook Proで最大20時間ほど駆動するとのこと…

いやiPhone並じゃねーかよ

これもしかしたら朝充電しとくだけで、1日中バッテリーが持つんじゃね?と思うわせるくらいのバッテリー駆動時間だ

本当にこれだけバッテリーが駆動するのか、ぜひ試してみたい

 

 

13インチ MacBook Pro と Mac mini はintel製のMacも販売している

13インチ MacBook Pro と Mac mini はintel製のMacも販売している

13インチ MacBook Pro と Mac mini に関しては、M1チップを搭載したモデルが発表されたものの、intel搭載Macも引き続き販売を続けるようだ

MacBook Airだけは、M1搭載モデルしか購入できないようになっている

 

 

これからMac購入を検討するならアリかな

こうしてM1チップを搭載したMacが登場したわけだが、どうだろうか?

すでにintel搭載のMacを使っているひとが買い換えるほどなのか?と言われると、そこまでかな〜と思う

これから新しくMacを購入するぜ!ってひとはぜひ検討すればいい

サクッと見た感じだけど、今回のMacはおおざっぱに、

  • パフォーマンスが向上したぜ!
  • バッテリーの持ちがよくなったぜ!!

の認識だ

 

デザインとか思いっきり変わるかな〜と思ったが、そんなことないし、16インチ MacBook Proも登場しなかった

そしてApple公式サイトを見ていて、すげー不安になったのが、

MacBook Pro と Mac mini の「M1チップ」と「intel」の併売だ

 

「M1チップに自信があるならintel無くしてもよくね?」

 

ってなると思うんだけど、併売しているってことは何かあるってことでしょ?

M1チップ搭載型の方が、あのアプリ使えない、コレ使えないだのはありそうだけどね〜

 

購入するにはちょっと悩みそうですね

 

 

Sponsored Links