MacのFinderがちょっとした設定で便利なる2つの方法

Mac、Finder

Macを使っていると誰しもがお世話になる「Finder」。みなさんは意識して使っていますか?

当たり前すぎて”なにも設定していない”という方、Macを使いはじめて日が浅い方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください

ちょっとした設定でFinderが便利になる2つの方法を紹介します

 

Finderの2つ設定

  • 新規Finderを立ち上げたときの最初の「フォルダ」
  • Finderの表示形式は「カラム表示」にするべき

どちらも知っているようで知らない。Finderの設定方法。どちらもすぐにできる設定なので、試してみてくださいね

では詳細をいってみよう

 

新規Finderを立ち上げたときの最初の「フォルダ」

新規立ち上げFinderときのフォルダ

新規Finderを立ち上げたときに、最初に表示されるフォルダを指定できるのをご存知ですか

おそらく何も設定していないと「マイファイル」が最初のフォルダになっているハズ

これを好きなフォルダに設定することができます

「Finder起動」➞「環境設定」➞「一般」

 

新規フォルダウインドウで次を表示

ここで「新規Finderウインドウで次を表示」のプルダウンから好きなフォルダを選択するだけ!

これで次からFinderを開くと指定されたFinderが選択されている状態になっています

よく使うフォルダを設定しておくだけで、ひと手間が無くなるので作業が効率的になりますよ!

 

Finderの表示形式は「カラム表示」にするべき

Finder.カラム表示

Finderの表示形式は4つの種類から変更することができる

  • アイコン表示
  • リスト表示
  • カラム表示
  • ギャラリー表示

ここでオススメしたいのが、「カラム表示」だ。まさに上記画像が「カラム表示」になっている

カラム表示であればファイルの階層まで見られるので、「このファイルはどこに入ってたんだろう?」ということが一切なくなるのでオススメ

表示形式の変更方法は上記画像赤枠のとこだ

 

Finder.表示形式

赤枠をアップにすると上記のようなアイコンとなってる

左から「アイコン表示」「リスト表示」「カラム表示」「ギャラリー表示」

大量にあるフォルダから探しものをしたり、視覚的に見やすいのは「カラム表示」だ。ぜひ試してみてほしい

 

ちょっとした設定でさらにMacが使いやすくなる

Macをさらに便利に使う

Finder内の設定を少し変えるだけでMacの使い勝手が向上する。今回、紹介した方法はどちらも1度設定してしまえばそのあと何もする必要がないので、この場でやったらあとは忘れてもいいような設定だ

1回やってしまえばそのあとは設定した内容で動いてくれる。たかがFinder、されどFinder、Macで1番開くであろうFinderをもっと便利に使ってMacライフをもっと充実させましょうね

 

Sponsored Links

カテゴリー