14インチ MacBook Pro に 16インチ MacBook Pro のデータ移行をしようとして苦労したお話

14インチ MacBook Pro に 16インチ MacBook Pro のデータ移行をしようとして苦労したお話

新たなメインマシンとして迎え入れた 14インチ MacBook Pro 2021。新しい Mac を購入するとやらねばならないことがあります

そのひとつがデータ移行です

もともと 16インチ MacBook Pro 2019 を使っていたので、このデータを 14インチ MacBook Pro にデータ移行しようと思い作業開始。最終的にとんでもなく苦労したお話を記事にしたいと思う

データ移行には「移行アシスタント」を使いました

Mac のデータ移行をする方法って何種類かあると思いますが、ぼくがいつもデータ移行を行っていた方法は、Time Machine に取っていたバックアップを復元する方法でした

だけどこの方法、めちゃくちゃ時間がかかるんですよね。我が家では、AirMac Extreme を使っていてWi-Fi経由でデータをバックアップしております。いちいち外部ストレージを Mac に接続しなくていいから便利なんですよね

ただそこから復元するのが時間がかかり苦労します

なので、今回は初めて「移行アシスタント」を使ってみました

移行アシスタントなら 旧Mac 新Mac を近くに置いて、同じWi-Fi環境下であればそのままデータ移行が可能ということなのでチャレンジしてみました

「移行アシスタント」を開始。進捗具合は?

「移行アシスタント」を開始。進捗具合は?

10分1くらいゲージが進んでおります

3,500個近くのファイルを転送済みと表示がでている

「そうか。ぼくはMacにこんなにデータを入れてたんだな…」

としみじみ思いながらデータ移行が完了を待っている

5時間ぐらいなら待てる全然待てるかな

5時間ぐらいなら待てる全然待てるかな

「移行アシスタント」でデータ移行を開始して30分ぐらい経過した

今度は復元完了までの時間が表示されました。残り5時間ほどかかるとのことだ

なるほど

5時間ぐらいなら全然待てる。データが多いだろうし、Wi-Fi経由だから仕方ないよね。と思いつつ夕食の準備に取り掛かる

77時間だと….

77時間だと....

夕食を食べ終え片付けを終えた。移行アシスタントでデータ移行を初めて1時間が経過した頃の画面表示

えー驚きましたよ。だって残り時間がさ、大変な時間になってる

77時間だとっ!?

思わず叫びそうになりました

だってさ、77時間って3日間とちょっとじゃん。そんなにかかるのか?って思って焦っちゃうよね

ここで、頭の中で2つの選択肢が出てくる

このまま続けるか、別の方法にするのか….だ

データ移行を諦めて新しく立ち上げました

少し悩んだが「移行アシスタント」でデータ移行するのを諦めました。諦めた決断をした瞬間は80時間に増えていたので、これはデータ移行がまったく終わらない判断をしました

多分Wi-Fiの速度やデータ容量に問題があるのでしょう。そんなに待てません

なので、14インチ MacBook Pro は新しく立ち上げることにしました。必要なアプリだけをインストールして、必要なデータだけiCloud経由で持ってくる作戦ですね

この方法の方が早そうだし、いらないデータを移行する必要もないので、中身がスッキリすると思ったからです

M1シリーズは初めて使うからこれはこれで良しとします

Macのデータ移行ってある意味ひとつの大イベントですよね。めちゃくちゃ大変です

ちゃんとデータ移行が済んでいるのか?移行したデータは開封することができるのか?などやることはたくさんですよね

ぼくは今回、移行アシスタントを使ってデータ移行完了までの時間が途方もないので、諦めて新しいMacとして立ち上げましたが、これはこれで良かったと思ってます

14インチ MacBook Pro が、ぼくが初めて持つ「M1チップ」搭載のMacだからです。intel から M1シリーズに初めて買い替えたモデルなので、中身のデータも心機一転させるという意味では新しいMacとして立ち上げたのは正解なのかもしれません

ただ、今回のデータ移行で苦労したことからSSDの外部ストレージをひとつくらい手元に持っておこうと思いました。SSDがあればこんなに苦労することもなかったなーと感じました

では本日はこのへんで

最後までお読みいただきありがとうございます

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links