【レビュー】AirPods Pro(第2世代)を掃除するためのイヤホンクリーナーを購入しました。ひとつあると便利です

【レビュー】AirPods Pro(第2世代)を掃除するためのイヤホンクリーナーを購入しました。ひとつあると便利です

イヤホンはずっと AirPodsシリーズを愛用している。Mac や iPhone に iPad との接続がシームレスだし、音質はそこそこで使い勝手もよい。ただ毎日使っていると気になるが”汚れ”だ

耳垢や汚れなどが AirPods の細かい部分に付着し見栄えも悪ければ少し不衛生。掃除をしたくても AirPods ほどのサイズだと掃除道具もどうしてたらいいのか悩むところで、今まではティッシュや綿棒などで掃除をしていた

そこで見つけたのがイヤホンクリーナーという製品です

これめちゃくちゃ良いですね

本日は、イヤホンクリーナーをレビューしていく

イヤホンクリーナー

イヤホンクリーナー

見た目からは想像ができないが、これがイヤホンクリーナー。詳細は後ほど紹介するが、これひとつでイヤホンの細かい部分を余すことなく掃除をすることができる

これぐらいのサイズであればカバンにひとつ入れておいていいし、デスク周りに常備していてもよい。イヤホンを常に清潔に保つには必須アイテムだ

イヤホンクリーナー 仕様

メーカーHAGiBiS
素材ABS
カラーオフホワイト

イヤホクリーナー サイズ

イヤホクリーナー サイズ

イヤホンクリーナーのサイズは、ボールペンより若干短い程度。ペンと一緒に保管することもできるデザインなのでどこに置いていても邪魔になることはない

イヤホンクリーナー で隅々まで掃除ができる

イヤホンクリーナー で隅々まで掃除ができる

イヤホンクリーナーでイヤホンをどうやって掃除することが出来るのかを細かく見ていこう。イヤホンクリーナーには大まかに、

  • 植毛スポンジ
  • 高密度毛極細ブラシヘッド
  • 清掃用金属スティック

が搭載されている。それぞれイヤホンのどの部分を掃除することができるのかを画像を交えながら紹介していく

植毛スポンジ

植毛スポンジ

まずひとつめが、植毛スポンジだ

イヤホンクリーナーのキャップを外すと1番最初に出てくる掃除道具。その名のとおり柔らかい感じの芯があるスポンジになっている

植毛スポンジ

植毛スポンジを使って掃除する箇所は、イヤホンの充電ケース。とくに AirPods Pro のイヤホン収納部分は奥まっているので掃除に苦労する部分だが、植毛スポンジを使えばキレイに掃除をすることができる

手が出しづらい箇所だけに植毛スポンジで掃除すると相当気持ちが良い。これだけでも購入する価値がある

高密度毛極細ブラシヘッド

高密度毛極細ブラシヘッド

お次は、高密度毛極細ブラシヘッドだ。先程の植毛スポンジの逆側に搭載されているブラシ。後で紹介する 清掃用金属スティックの側面に搭載されている

植毛スポンジと違い硬めのブラシです

高密度毛極細ブラシヘッド

高密度毛極細ブラシヘッドを使って掃除する場所は、イヤホン本体のメッシュ部分だ。イヤホンが1番汚れているとこと言ってもいい

この高密度毛極細ブラシヘッドを使えば苦労ぜずに汚れを取り除くことができる

清掃用金属スティック

清掃用金属スティック

最後は、清掃用金属スティックの紹介です。3種類の掃除道具の中で、1番どこを掃除していいのかわかりづらい道具だが、実はこれがとても役立つ

とくにイヤホンを掃除しないで長期間使ってきた方にとっては、清掃用金属スティックが1番活躍すること間違いない

清掃用金属スティック

清掃用金属スティックで掃除をする場所は、落ちにくい汚れを取り除くときに使う。AirPods Pro であれば画像のようなケースのちょっとした”くぼみ”ですね

長時間使うと、こういうところに黒い汚れが溜まっていき取りづらいですが、清掃用金属スティックなら難なく掃除をすることが可能です

場所を取らないのが嬉しいポイント

場所を取らないのが嬉しいポイント

冒頭でもチラッと紹介しましたが、イヤホンクリーナーのサイズは本当にコンパクトで場所を取りません。僕はスチールワゴンのペン置きの中にイヤホンクリーナーを忍ばせていて、いつでも使えるようにしている

この手の清掃アイテムがコンパクトで場所を取らないのは非常に助かりますし、いつでも手を伸ばせるところに置いておけるのは嬉しいポイント

[非推奨]MX ERGO のトラックボールを取り外せます

[非推奨]MX ERGO のトラックボールを取り外せます

植毛スポンジを初めてみたとき…これいけるんじゃないかと思いました

えーそうです

MX ERGO のトラックボールを取り外すのに最適なサイズなのではないか?と思ったので試してみると、これがジャストフィット。まさかこんな使い方があったとは….トラックボールを傷つけることなくスムーズに取り外すことができました

ただ全く推奨されている使い方ではないので、もしトラックボールを外すために使うのであれば自己責任でお願いします

イヤホンクリーナーの「良かった点」「残念な点」

イヤホンクリーナーの「良かった点」「残念な点」

イヤホンクリーナーを何度か使い AirPods Pro(第2世代)を掃除してきて「良かった点」「残念な点」をまとめました

良かった点
  • 気持ち良いくらいイヤホンの汚れが取れる
  • 2,000円ほどの価格なので汚れたら気軽に買い換えることができる
  • 持ち運びもしやすいコンパクトサイズ
  • イヤホンを常に清潔な状態で維持することができる
残念な点
  • イヤホンクリーナー自体の掃除が難しい
  • カラーリングのバリエーションが欲しかった(ブラックカラーがいい)

AirPodsユーザーはひとつ持つことをオススメする

こんな感じでイヤホンクリーナーのレビューを終えたいと思う

「イヤホンクリーナーなんていらないよ!!」と思うかも知れないが、ひとつあると本当に便利です。AirPodsの汚れにすぐに対応することができますからね。汚れが付着した状態のAirPodsなんて装着したくないでしょ?

2,000円程度で購入することができるで、AirPodsユーザーはぜひチェックしてください

では本日はこのへんで

最後までお読み頂きありがとうございます

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links