Apple Watchで腕が痒くなってきたときの3つ対策!

Apple Watchで手首が痒くなってきたときの3つ対策!

最近はそんなに珍しくない感じになってきたスマートウォッチ

ぼく自身もApple Watchは初代から愛用していて、現在はApple Watch Series3を使っている

外出時には必ず装着し、プライベートだけじゃなく急な仕事の連絡もApple Watchを見るだけで確認が出来るので重宝している

すでに日々の生活で欠かせなくなったApple Watchだが、ひとつ困ったことが起きたのだ

 

ここ最近の連日の暑さのせいか、Apple Watchを装着している腕がですね〜

痒いんですよ

なんというか腕が蒸れて、かぶれてきてるんですよね

本日は、Apple Watchで痒くなってきたときの対策を紹介する

 

手首が痒くなってきたら

Apple Watchを装着していると手首が痒くなってくるだろう。特に暑いが続くと汗もかくし手首に”あせも”もできやすい

“あせも”や”かぶれる”前に、手首が痒くなってきたらやるべきことは下記のとおり

手首が痒くなったらやるべき3つこと
  • ①Apple Watchを外す
  • ②別の腕に装着する
  • ③Apple Watchのベルトを緩める

①Apple Watchを外す

Apple Watchを装着している腕に痒さを感じたら、まずApple Watchを外そう。蒸れているから痒さを感じる

1度Apple Watchを外して手も含めて1度手を洗うといい

ちゃんと乾かした後で装着すれば、痒さは無くなっている

 

②別の腕に装着する

仕事中等の理由でApple Watchを外すのが難しい人もいるだろう

そういう人は、逆の腕にApple Watchを装着するといい

今までApple Watchを装着していた腕には休んでもらい。時間が出来てから上記のように手を洗って清潔感を保とう

 

③Apple Watchのベルトを緩める

Apple Watchを外したり、別の腕に付け替えるのさえめんどくさい!っていう人いるよね〜

ちなみに、ぼくもめんどくさく感じる人のひとり

だけどね。痒さを我慢してApple Watchを装着しつづけると、”あせも”になってApple Watchを装着するのでさえ辛くなってしまうから我慢するのは良くない

そこまでめんどくさいなら、せめてApple Watchのベルトを緩めるといい

ベルトを緩めることによってApple Watchと皮膚が離れるから腕を少しだけ休ませることができる

 

Apple Watch本体の裏側とかすげーやばいから

Apple Watch本体の裏側とかすげーやばいから

特にやべーのが、Apple Watch本体の裏側がやばい

汗とをかくとApple Watch本体の裏側ってどうしようもないから、蒸れちゃうんだよね〜

バンドの部分だったら緩めたり、通気性のいいバンドにしたりと対策がうてるけど

暑さが続いている連日。Apple Watch本体の裏が1番やべー

 

もし”かぶれ”や”あせも”になったら

もし"かぶれ"や"あせも"になったら

どんなに注意してても、”かぶれたり”、”あせも”になることがあると思うんだよね〜

もしなっちゃったらApple Watchの使用は控えた方がいい

無理して使って両手首とも”かぶれ””あせも”になったら、さすがにイヤでしょ?

そうならない為にもApple Watchを装着している腕に”痒み”を感じたら早急に対策することをオススメしますよ!

ちょっとしたことをするだけで、今年はApple Watchのある楽しい夏になります

 

 

 

Sponsored Links

カテゴリー