Apple Watch Series 3 のwatchOSをアップデートさせるにはペヤリング解除が必要

Apple Watch Series 3 のWatchOSをアップデートさせるにはペヤリング解除が必要

2020年11月6日に「watchOS 7.1」がリリースされました

ぼくが愛用しているApple WatchはSeries 3で「watchOS 7.1」にも対応している

さっそくアップデートを試みたのだが、またあの事件が発生した

 

以前に、Apple Watch Series 3 を「watchOS 7」にアップデートしたとき、まったくストレージ問題で、まったくアップデートが出来なかったのだ

幸いにもすぐに読者の方のアドバイスにより解決

当ブログでも人気記事になっており、同じ現象で困っているひとがたくさんいたんだと思う

Apple Watch Series 3 で「watchOS 7」にまったくアップデートできない
Apple Watch Series 3 のストレージ不足を解消して「watchOS 7」にアップデートしました

 

またストレージ問題かよ!?

またストレージ問題かよ!?

はい!きたよこれ!!

「watchOS 7.1」にアップデートしたらこれだよ…

watchOS 7 以降の細かいアップデートは特に何も起きてなかったら安心してたんだけど、これだよ

 

またストレージ問題かよ!?

うっわ!

アプリもほとんど入れておらず、ほぼ通知するだけの時計として使っているのに、勝手にストレージ不足かよ!?

Apple Watch Series 3 は本当にストレージが少ないんだな!!

 

 

ストレージ不足はペヤリングを解除して再設定すれば解消する

ストレージ不足はペヤリングを解除して再設定すれば解消する

Apple Watch Series 3 がストレージ不足でアップデート出来ないときの対応方法としては、

  • ①Apple Watch と iPhone のペヤリングを解除
  • ②Apple Watch と iPhone を再度ペヤリングする

 

これをやるだけでApple Watchのストレージがかなり空いて、OSのアップデートをすることができる

詳しい操作方法は、以前に「Apple Watch Series 3 のストレージ不足を解消して「watchOS 7」にアップデートしました」で記事にしたので参考にしてほしい

Apple Watch Series 3 のストレージ不足を解消して「watchOS 7」にアップデートしました

 

 

アップデートのためにペヤリング解除するのってどうなの!

「watchOS 7.1」もペヤリング解除の方法でなんなくアップデートすることができたけどさ

アップデートするためにペヤリングをいちいち解除するのってどうなのよ!

めんどくさくない?めんどくさいよね!!

「watchOS 7.1」がApple Watch Series 3 にも対応しているって言うのなら、スムーズにアップデートできるようにしなきゃダメだと思うんだよね〜

だってさ

 

「わーい!Apple Watch Series 3 だけど、watchOS 7 に対応しているぞ!アップデートしようっと!!」

 

「えっ!?ストレージ不足だって!」

 

「アプリ全部削除したのにまだストレージ不足になっている」

 

「えーーーん(泣)」

 

ってなるでしょ?絶対に!!

 

これからApple Watchを購入しようと思ってるならSEを買っておけばいい

これからApple Watchを購入しようかな〜と思っているひとに言いたい

現在のApple公式サイトでのApple Watchのラインナップおおまかに、

  • Apple Watch Series 6
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch Series 3

 

なんだけど、安さ重視でSeries 3を選ぶのはかしこいとは言えない。だってこれからのOSアップデートで苦労するのが見えているから!!

それなら1万円ぐらいの価格差で購入することができるApple Watch SEを購入した方が、間違いなく幸せになれるだろう

ストレージもSeries 3に比べると、SEは4倍だからストレージ容量を気にしないで使うことができる

 

Sponsored Links