「Office for Mac 2016」よりもiPadのOfficeアプリの方が動きがいい!

サラリーマンをやっているとどうしても離れることが出来ないソフト。Microsoft Office。僕はMacには「Office for Mac 2016」、12.9インチ iPad ProではMicrosoftアプリの月額料金制を利用している

現状の僕の運用方法は自宅では15インチ MacBook Pro。外出先では12.9インチ iPad Proと使い分けをしているのだが、それぞれのOfficeソフトを利用して思ったのが「iPadのOfficeアプリの方が動きがよくない?」と感じたので感想を述べたい

 

主に使用するのがExcel

仕事上よく使うOfficeがExcelだ。その次にPowerPointを使う、Wordはほぼ使わない。よく表やプレゼン資料を作成することが多い。Macでは1から資料を作成し、iPadは修正・編集と細かい作業を行う

特にExcelを開いたり編集したりとすることが非常に多くMac、iPadともに起動させる回数が非常に多くiPadのExcelの方が動きがいいのでは?と感じている

 

iPadのExcel

iPadでまともにExcelを使い始めたのは本当に最近からで12.9インチ iPad Proに切り替えてからだ

Excelアプリってどうなんだろうな〜と無料で利用ができるExcelをいろいろと試したが、最終的には月額制のMicrosoft Excelアプリに落ち着いた

Macに比べると使い勝手は少し悪い程度だが、起動が速い。すごく速いのだ。すぐに確認したいデータを閲覧・編集することができる

カーソルの移動もMacに比べるとかなりスムーズだ。僕はApplePencilを持っていないので指でタップしながらカーソルを合わせるのだがヌルヌルとスムーズに動いてくれる

式を入れたり0から資料作成に難しいがExcel自体の動きの良さはMacよりいいと思う

 

Office for Mac 2016

当ブログの人気記事にもなっている「「macOS High Sierra」合わせて「Office for Mac 2011→2016」へ買い替えたお話!」でも紹介したように当時のMacOffice「Office for Mac 2011」より「Office for Mac 2016」の方がサポートもされ動きもいい

この動きがいいというのは「Office for Mac 2011」に比べてという意味だ。ハードが違うので比較するのは間違っている気がするが「Office for Mac 2016」よりiPadのOfficeアプリの方がサクサクしている気がしならない

1から資料作成するのであれば絶対Macで作成するのだが、iPadのOfficeアプリがもっと進化して使い勝手が良くなったら全ての作業をiPadで行う日も遠くないかもしれない

 

ただの編集のみならiPadのみでありかな

僕のように1から資料を作成するのではなく既にある資料データを修正やカンタンは編集をするのであればiPadのOfficeアプリで十分だろう

それならiPadのみの運用も十分に考えていいかもしれない

僕は1からの資料作成をiPadで行うのはオススメしないが、カンタンなExcel資料作成なら特に問題ないので業務内容や作成する資料内容に合わせてMac、iPadを使い分けるという結論に至った

SPONSORED LINK