4.5畳の自室!少しでも広くなるようにレイアウトを変更しました

自分だけの部屋を持つようになってから1年とちょっと経過した。自分だけの空間があるというのは、とても作業がはかどるものだ

その前は自分の部屋もなく、”自分だけのデスク”の配置をあれこれと変えて変化を楽しんでいたのだが、今は「自分の部屋」がある

この部屋に引っ越してきてからずっと同じレイアウトであゆんできたので、「そろそろレイアウトを変えてみようかな〜」と思い休日の1日を使っ部屋のレイアウトを変更したので紹介したい

 

33歳。4.5畳の自分だけの城

※リビングから撮影

部屋が4.5畳(妻は6畳)なので少しでも広く見せるために、今まで中央に置いてあったデスクを窓際へと移動。収納スペース確保のため、デスクの反対側に棚を設置した

 

デスクが窓際になることにより、外の景色を楽しみながら作業をすることができる

 

こちらがデスクと反対側の棚だ。自作の棚だが、耐久度は問題ないだろう

自宅にあるもので作成しただけなので、棚の数が少なめだが、これからいろいろと足して立派なカッコいい棚にしたい

 

デスクまわり

せっかくなので、デスクまわりも簡単に紹介しときたい

自宅にいるとき時間の90%以上はここで過ごす、ぼくの自慢のデスクだ

 

デスク左側には愛犬スペースとなっている。ぼくが作業で疲れたときにメンタル面をしっかり癒やしてくれる

少し病気もしているので、目の届く範囲にいてほしかったのも理由のひとつ

 

デスク右側には愛犬のトイレやエサ。ぼくのちょっとしたガジェット類が置いてある

ここは見た目もゴチャゴチャしすぎてなので、時間があるときに片付ける予定だ

 

最近は外部ディスプレイを使わないで、「尊師スタイル」にハマっている。新しく購入した「HHKB Professional HYBRID Type-S」が素晴らしすぎてたまらない

 

ちょっとした変更だけど”気持ち”は変わる

今まであったデスクや棚の配置を変更しただけだが、それでも部屋の雰囲気がずいぶん変わる

環境を少しでも変えると”気持ち”も変わるので、仕事やブログへのモチベーションへにも繋がりやすい

そして部屋のレイアウトを変えたことによって”欲しいモノ”とかも変わりそうですしね〜

ぼくは部屋のレイアウトを変更することによって

  • 仕事・ブログへモチベーションがあがる
  • 部屋で欲しいモノが変わった
  • 部屋のレイアウトを変えることによって達成感をえた
  • 部屋が広くなった
  • 気持ちを切り替えられた

 

などのメリットを得ることができた。部屋のレイアウトは正直、めんどくさいと言えばめんどくさいが、ほとんどデメリットがなく、メリットばかり得ることができる

気持ちを入れ替える意味も込めて、この春は自分の部屋のレイアウトを変更してみてはいかがだろうか

 

Sponsored Links

カテゴリー