オフィス勤務、ひとりで仕事をするのが最高な件

オフィス勤務、ひとりで仕事をするのが最高な件

8月は基本的に在宅勤務だった

ただつい先日のこと、朝から突然上司から連絡があり、「今日は出勤してほしい!」と連絡が入る

上司に言われたら仕方ない

在宅勤務が最高の働き方だと思っているぼくは、なくなく会社へと出社した

 

出社時間になっても誰も来ない不思議

会社に出社するときは、いつも07:30ぐらい。1番のりでオフィスに行く

他社員が出社してくるのが、だいたい09:00〜09:30ぐらいなので、それまでは、ぼくのゴールデンタイムだ

周りに誰もいない状況は、かなり業務に集中することが出来るし、邪魔をされることもない

..

.

仕事をある程度やって時計に目をやると、もう10:00。誰も出社してこない

わざわざ「出社して!」と言われたから何か大事な話があると思ったが誰も来ないのだ

 

一応上司に連絡…

 

上司:「今日はもう誰もこないよ。オフィスに誰もいないのは、まずいから今日1日はオフィス勤務で」

 

なるほと..

こうして、ぼくのゴールデンタイムの延長が決定した

 

 

誰もいないオフィス勤務が最強な件

誰もいないオフィス勤務が最強な件

オフィス勤務と在宅勤務。どちらがいいか?と聞かれれば、迷わずに在宅勤務と答える

ぼくの中で、オフィス勤務の最大のデメリットは他人がいることなのだ

それが今日は誰もいない

誰もいないオフィス勤務が最強な理由
  • 話しかけられることがない
  • クーラーが最強
  • 気遣いをすることがまったくない

話しかけられることがない

オフィス勤務の最大のデメリットである「話しかけられる」ということがない

オフィス勤務といういろいろな人がいる場所で仕事をしていると、どうでもいい話をいちいち話かけてくる人がいる

適当に返しても話をやめないので、いちいち反応してあげないといけないのだ

これがないのはかなり大きい、サクサクと仕事がすすむ

 

クーラーが最強

オフィス勤務のメリット。この時期だけの特有のことだけど。クーラーが最強!

残念なことに自宅にはクーラーがなく、扇風機でこの暑さと戦っているのだが、オフィスだとクーラー + 扇風機という最強の冷却環境にある

気温を気にしないで、仕事ができる素晴らしい

 

気遣いをすることがまったくない

自分ひとりしかいないから、気遣いをまったくする必要がない

他社員がいると、少なからず気遣いをする必要があるし、上司のことをチラチラ気にしながら仕事をすることになるのだが、これがまったくないのは最強すぎる

 

 

仕事ができる環境が整っているオフィスだからこそ、ひとりで仕事をするのが最強

他社員がいないことによって、結局は”仕事に集中ができる”ということ

「ひとりで仕事をするのであれば在宅勤務でいいじゃん!」

となるが、それはそれ!

在宅勤務も、もちろん良いことがたくさんあるが、”仕事をする”という一点においては、仕事をする環境が整っているオフィスが最強

ただ、ぼくの場合、それが他社員によって少し働きづらい環境になっているということだけ

だから、オフィス勤務でひとりで仕事が出来た日は、

 

「あっ!やべっ!仕事って楽しいかも!!」

 

と不覚にも思わされてしまった

 

まーオフィスでひとりで勤務できる経験なんてめったに無いからいい経験にはなりましたよ

 

結果としては、”オフィス環境で、ひとりで仕事すると、とんでもなくサクサク仕事が進む”ということがわかりました

あ〜

たぶん、ぼくは組織で働くとか難しい子なんだろうな〜

コツコツひとりで仕事をしたいタイプなんでしょうね

 

ひとりで仕事をするオフィス勤務。良かったです!

 

Sponsored Links