iPadおすすめメモアプリ「Noteshelf」!ぼくの運用方法

以前に「iPadはエンタメツールとしては最高!だけど仕事はできない」という記事を書きました

ぼくの環境だとiPadで仕事をするには難しいという結論だ。だけど、”iPadをメモとして使う”のには大賛成だ

サラリーマンだと、どうしても手書きでメモをすることが多い

本日は、愛用しているメモアプリ「Noteshelf」のぼくが運用している方法を紹介します

 

iPadはエンタメツールとしては最高!だけど仕事はできない

 

ノートの数は多くしない

ノートの数はあえて多くはしていない

Noteshelf はノートを検索することができるが、ぼくのメモアプリの使い方は基本的にその場その場のメモだ

ノートという使い方よりは、雑紙にメモをとるような使い方をしている

なので見返すことは、そんなに多くないのだ。だけど、ひとつのノートだけに永遠にメモを重ねると探すのが大変

ということで下記のような分け方をしている

  • Index
  • 仕事
  • ブログ
  • ECサイト
  • Youtube

 

基本的にはメモはすべて「Index」に作成する。その後、空いた時間をつかってそれぞれのノートに移動する運用をしている

なので「Index」以外のノートに関しては、ほとんど閲覧用というわけだ

 

ノートを移動する方法

まずノートを開き、右上にある赤枠で囲っているアイコンをタップする

 

右上の「編集」をタップ

 

①移動させたいノートを選択

②のアイコンをタップする

 

移動先のノートフォルダを選択

 

ここで移動先のノートを選択し、ノートを移動させるわけだ

 

メモをとるのにいちいち考えないのがいい

メモをとるのに、いちいち「このメモのノートはどれにしよう」なんて考えている時間が勿体ない

それなら一度、すべてのノートをまとめる「Index」といったノートを作成し、「メモをとるときは、まずこのノートでメモをとる」と意識すると困らなくていい

あとで重要なメモは割り振ったノートに移動させればいいだけだ

 

メモアプリはサクッとわかりやすい方がいい

世の中にはメモアプリが沢山出回っている。最近では便利な機能が搭載したメモアプリも多い

その中でも「Noteshelf」はオススメの有料アプリだ。Apple純正メモアプリだとちょっと物足りない。だけどそこまで機能が多くても使い方を覚えるのが面倒…

そんなユーザーには「Noteshelf」は直感的に操作ができるので、オススメだ

有名なノートアプリ「GoodNotes 5」や「Notability」等をつかってみたが、1番しっくりきたのが「Noteshelf」だった

iPadのメモアプリを探してる方はぜひ試して欲しい

 

▷アプリ:Noteshelf

Sponsored Links

カテゴリー