HHKB Professional HYBRID Type-Sで複数デバイスへのBluetooth接続・切り替える方法

以前に紹介した高級キーボード「HHKB Professional HYBRID Type-S」。購入してからというものの毎日使い倒している

「HHKB Professional HYBRID Type-S」の特徴のひとつである。複数デバイスでのBluetooth接続、切り替える方法を紹介する

 

複数デバイスでのBluetooth接続

「HHKB Professional HYBRID Type-S」をBluetooth接続するとき、最初の1台は難なく接続できるが、「2台目以降はどうやって接続するの?」と疑問に思うユーザーもいるだろう

順を追って説明する

 

①ペヤリングモードにする

2台目以降のデバイスをBluetooth接続するためには、まず「HHKB Professional HYBRID Type-S」を”ペヤリングモード”にする必要がある

「Fn」+「Q」

を同時押ししよう。するとキーボード右上が青色に点滅する

 

②接続したい番号を選択する

次に接続したい番号を選択する

「HHKB Professional HYBRID Type-S」は最大4台までのデバイスを登録することができる

今回は”2”にiPadを登録してみよう

「Fn」+「Control」+「2」

を押す。すると先程、青く点滅していたとこが激しく点滅するようになる

ちなみに他の番号に登録したい場合は下記のとおり

  • 「Fn」+「Control」+「1」
  • 「Fn」+「Control」+「2」
  • 「Fn」+「Control」+「3」
  • 「Fn」+「Control」+「4」

 

ひとつ注意しなければならないのは、1度登録した後に今回の操作を行うと”上書き”されてしまうということだけ

 

③デバイスのBluetooth接続先に表示がされる

iPadの場合だと「設定」➞「Bluetooth」で上記画像になる

HHKB Professional HYBRID Type-Sで先程の操作を行うと赤枠にある「HHKB-Hybrid_2」と表示されるのでタップする

ポイント
今回は”2″を押したので「HHKB-Hybrid_2」だが、これが”3″だと「HHKB-Hybrid_3」となり、どの番号でデバイスが登録されているのかが判断できる

 

④表示された”コード”を入力する

ここまできたら後は簡単だ

表示されているコードをHHKB Professional HYBRID Type-Sで入力するだけ

 

⑤接続完了

これで接続完了だ

Bluetooth接続までの流れ

①ペヤリングモードにする(「Fn」+「Q」)

②接続したい番号を選択する(「Fn」+「Control」+「1〜4」)

③デバイスのBluetooth接続に表示される

④表示されたコードを入力する

⑤接続完了

思ってたよりかんたんに接続できたのではないだろうか

HHKB Professional HYBRID Type-S だけでみると、キーボードしかないので、複数デバイスと本当にBluetooth接続できるのかと不安になるが、やってみると面白いように接続することができる

 

Bluetooth接続先の切り替え方法

せっかく複数のデバイスをBluetooth接続しても、”切り替え”がかんたんに出来ないのであれば意味がない

ここではBluetooth接続先を切り替え方法を伝える

切り替え方法は簡単だ

下記のように入力するとそれぞれ割り振られた番号のデバイスへBluetooth接続が切り替わる

  • 「Fn」+「Control」+「1」
  • 「Fn」+「Control」+「2」
  • 「Fn」+「Control」+「3」
  • 「Fn」+「Control」+「4」

 

オススメは「Fn」+「Control」を押しながら「1〜4」の番号をうつと失敗しない

こういう書き方をすると全力で同時押しをする方がいるが、ゆっくり確認しながら押してみよう

 

Bluetooth接続の切り替えが早くて実用的!

「Bluetooth接続切り替えってレスポンスが悪いのかな〜」と勝手に思っていたのだが、ごめんなさい…

まったくそんなことなく、サクサク切り替わります。これぐらいの速度でBluetooth接続が切り替わるならiPadのSmart Keyboardがいらない気がしてならい

キーボードはHHKB Professional HYBRID Type-S だけでいけちゃう気がしてならない

HHKB Professional HYBRID Type-S ユーザーの方に少しでも参考になれば嬉しいです

 

 

Sponsored Links

カテゴリー