15インチ MacBook Proと常に持ち歩いているケーブルポーチの中身!

どうも!HIRAMA (@hiramarilyouiti)です!!

日々愛用の15インチ MacBook Proを持ち歩いているのですが、本日は15インチと一緒に日々持ち歩いている「ケーブルポーチ」の中身を紹介したい

15インチ MacBook Proだけでも僕には勿体無いくらい素晴らしいMacなのですが、ケーブルポーチが無いと不安過ぎて外出先で作業ができないです!

ではいってみよう!

 

ケーブルポーチ

愛用しているケーブルポーチがこちらだ。15インチ MacBook Pro用のインナーケースに付属しているポーチだ

インナーケース自体もかなりお気に入りなのだが、付属のポーチが何とも言えないサイズ感でとても使いやすい。蓋を閉める際もゴムバンドを使用しているので中身が飛び出てくる心配もないのだ

 

 

ケーブルポーチの中身

ケーブルポーチの中身は必要最低限に収めている。ではひとつづ紹介しよう

 

① iXband 32GB

iPhone・iPadでも利用可能な外部ストレージ。通常USBもついているのでパソコン・Macでも使用可能だ。業務上どうしてもUSBのフラッシュドライブを使用しなければならないことがあり、常備している

 

② USB Type−C 対応 SDカードリーダー

一眼レフで撮影した写真データを15インチに読み込みしたいときに使用する。かなり小型なので持ち運び全く苦にならないのが嬉しい

ちなみにmicroSDカードもこのリーダーで読み込み可能だ

③USB Type-C USBアダプタ

Type−Cのデバイスが増えつつある現在でもやはり、USBタイプの接続端子で無ければ接続できないこともあるため、USB変換アダプタを常に持ち歩いている。当時MacBook Pro (2016)が初めて登場したときにType-C アダプタがAppleで割引されている際に購入したものだ

④Type-C Gigabit Ethernet アダプタ

外出先でWiFi環境がない場合もあり、今だにLANケーブルのみが配備されていることもあるので普段から持ち歩いている。正直、めったに使うことはないが、持っていると何かと安心できる

 

これを忘れちゃいけない「87W USB-C アダプタ」!

15インチ MacBook Proを常時持ち歩くのであれば、絶対に無くてはならないアイテム「87W USB-C アダプタ」

15インチ MacBook Proはお世辞ともバッテリーの持ちがいいわけではないので、充電器は必須アイテムとなる。87Wなのでサイズは大きめだが、ケーブルポーチに収納すれば特に気になることもない

 

まとめ

以上が僕が15インチと一緒に普段からいつも持ち歩いているケーブルポーチの中身だ。ケーブル類は「あれもこれも必要だな〜」と思ってしまうと限りなく数を持ち歩くことになるので自分の用途にあったケーブル・周辺機器を選定して持ち歩こう!

SPONSORED LINK