【レビュー】手首の負担が軽減しました!?リストレスト「Carpio2.0」を購入しました

【レビュー】手首の負担が軽減しました!?リストレスト「Carpio2.0」を購入しました

いやー前々から購入を検討していたのですが、ようやく購入することができました。日々のテレワークやブログ作業による手首の負担を軽減するため「Carpio2.0」を購入しました

もともとは木製のパームレストを購入しようかなーと検討してましたが、マウスや左手デバイスもあることから、キーボードだけで使うパームレストではなく、どのデバイスでも使えるようなリストレスト「Carpio2.0」にしました

ではいってみよう!

Carpio2.0

Carpio2.0

Carpio2.0 は昨年クラウドファンディングで登場した製品です。当時はまだ存在すら知らなくてスルーしてました

上記画像で箱がふたつあるんだけど、実はこれ・・・

左右で個々の販売なんだよね

えーそうです

だから、右手と左手でそれぞれで購入しました

Yahooショッピングで販売されているんだけど、これひとつで5,400円です

製品仕様

材質シリコン、PTEE(Teflon)
カラーブラック、ホワイト、グレー
寸法Sサイズ|8.5 ✕ 3.9 ✕ 1.4
Lサイズ|9.5 ✕ 4.3 ✕ 1.4
重量Sサイズ|14g
Lサイズ|19g

同梱品

同梱品
同梱品一覧
  • Carpio2.0 本体
  • ステッカー
  • 専用ポーチ

Carpio2.0 外観とポーチ

Carpio2.0 外観とポーチ

はい!

では「Carpio2.0」の外観を細かくみてみよう

上記画像が「Carpio2.0」です。見た目と裏腹に触ってみると、柔らかいです。手のひらに当てる部分がシリコン製なので、触っていて気持ちいいです

Carpio2.0 外観とポーチ

こちらは裏面です

表面がシリコンで作り上げられているのに対して、裏面はPTEEで硬め。これなら手首をいくら置いても変形などすることがないでしょう

Carpio2.0 外観とポーチ

画像のようにシリコン素材部分はカンタンに着脱が可能。劣化したら取り替えられそうですね

Carpio2.0 外観とポーチ

専用のポーチが付属しているのは、何気に嬉しいポイント

これならどこにでも、Carpio2.0 を持っていくことができます

Carpio2.0 外観とポーチ

ちなみに専用ポーチひとつに対して、Carpio2.0 を2つ入れてみたのですが、これがちゃんと収納してくれるんです。嬉しい誤算です

Carpio2.0 を使ってみました

「Carpio2.0」を使ってみました

ではさっそく「Carpio2.0」を使っていく

画像はわかりやすくするために、わざと手のひらを返しているが、Carpio2.0 の設置場所は手首ってよりは、手のひら寄りだ

「Carpio2.0」を使ってみました

ぼくの手が大きくて画像から「Carpio2.0」を全く確認することが出来ないが、手の下にちゃんと設置してある

使い始めは多少違和感こそあれど、数分ですぐに慣れることができた

Carpio2.0 を使って、タイピングやマウス、左手デバイスを操作してみたけど、操作がしづらいと感じることはなかった

むしろタイピングに関しては、Carpio2.0 があることによって打ちやすくなっているのだ

ここまでの効果は正直期待していなかったのだが、Carpio2.0 を使う前までとは手首の負担がわかるくらい違う

作業が終えたあとの”手がつる感じ”も無くなったのだ

Carpio2.0 の「良かった点」「残念な点」

良かった点
  • 見た目がカッコいい
  • コンパクトなので持ち運びに最適
  • タイピングによる手首の負担がわかるくらいに軽減される
  • マウスや左手デバイスにも使える
残念な点
  • 価格が高い(1個売り|5,400円)
  • ブラックはちょっと使うとすぐホコリまみれになる

長時間デスク作業をしているなら早く導入するべき!

長時間デスク作業をしているなら早く導入するべき!

こんな感じで「Carpio2.0」をレビューしていったがどうだったろうか

リストレストとしてはかなり優秀な「Carpio2.0」。ただし、万人向けの製品ではないよなーと思う

その理由が価格だ。1個5,400円って…

製品が良いモノなのだからそれぐらいして当然と言えば当然。ただリストレストに5,000円。両手で揃えると、10,000円超えをするので、検討している人は”本当に必要なモノなのか?”をよく考えるといい

ぼくは手が最大限に負担になっていたので、早くどうにかしたくてポチりました

Carpio2.0 は万人向けではないけど、長時間デスク作業をしている方なら早く導入するべき。手や手首が痛くなってからでは遅いですよ

では本日はこのへんで

最後までお読みいただきありがとうございます

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links